失われた時を求めて(8)――ソドムとゴモラI (岩波文庫)

著者 :
制作 : Marcel Proust  吉川 一義 
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003751176

作品紹介・あらすじ

悪徳と罪業の都市ソドムとゴモラ。本篇に入り、同性愛のテーマがいよいよ本格的に展開される。不意によみがえる死んだ祖母への想い。祖母を失った悲しみの感情に「私」は突然とらえられる(「心の間歇」)。「私」はアルベルチーヌに同性愛の疑いをいだくが…。(全14冊)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第8巻。全14巻予定なので、本巻から後半に入ったことになる。
    世に知られている通り、第8巻では同性愛を巡る考察が主なテーマ。疑問や考察は巻末にかなり長い解説が収録されているので、それを読むと当時の世相や同性愛者を取り巻く状況がよく解ると思う。
    また、『私』が死んだ祖母を思い出す場面はかなり哀切で印象に残った。

    ところで、岩波文庫版は割とコンスタントに刊行されているのだが、古典新訳文庫版は一体どうなったのだろう……? 中絶するってことは無いと思うけど……。

全1件中 1 - 1件を表示

プルーストの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ドストエフスキー
J.L. ボルヘ...
安部 公房
ハーマン・メルヴ...
梶井 基次郎
フランツ・カフカ
ミシェル ウエル...
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする