丘 (岩波文庫)

制作 : 山本 省 
  • 岩波書店 (2012年2月17日発売)
3.82
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003751251

作品紹介

舞台は、美しくも厳しい自然と対峙する山間の小さな集落。死の床にある長老ジャネはうわごとのように謎の言葉を繰り返す。自然の異変を感じ取る村人たち。山火事が起こるに及んで、その原因をジャネにもとめるが…。『木を植えた男』で知られるジオノの処女作。アンドレ・ジイドが激賞した詩のような物語。

丘 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 心にじわーっと何かが広がる忘れられない一冊。
    人と自然、アニミズム的な世界感が躍動的に描かれています。
    私、好きです。

  • 数多く読んではいませんが、それでもこの作品は私の知るフランス文学としてはかなり異質だと感じます。舞台がパリなどの都市部ではなく、山奥の集落。恋愛要素も人物の心理描写も皆無。中でも一番驚いたのはキリスト教の影響があまり見受けられないところで(何でも作者はキリスト教を宗教として信じていなかったそうな)、神(God)の存在が希薄なおかげで「人間も天然自然の一部でしかない」という物語のテーマが実に明瞭になっています。フランスというより日本の東北地方あたりがしっくりきそうな世界で、とても日本的に思える作品です。

  • ここに現れた丘は、
    畏れとヒューマニズムの交錯した結晶である。

    神が言葉を作ったのではなく、
    神は言葉とともにある。

    ヒキガエルですら神話的な格をもって
    我々に殺される。

    いまや、神は土の中だが
    消え去ることもないだろう。

    丘とは取り囲むものであり、
    もともと我々の足元にある。

  • 紙数は小品の部類だが、扱われたテーマは小さくない。しかしながら過度な重さはなく、そこも良い。
    丘に暮らす四組の家族を翻弄する、死を迎えた長老のうわごと。泉が枯れ、丘の自然が次第に暴君的性格を見せ始める。作者が「詩」というように、自信なさ気な説明的文章を排除した描写が素晴らしい。
    この作家の長編が読みたくなった。

  • フランス映画のような世界。よく理解できないけれど、雰囲気は味わえたからそれでいいや。

  • 薄い本だけれども、読みにくい~><

  • 冒頭の自然描写が秀逸。

  • 岩波文庫:赤 080/I
    資料ID 2012200183

  • 毎日新聞の書評を読んで購入。http://mainichi.jp/feature/news/20120318ddm015070041000c.html
    書評を読んで期待していた中身とはちょっと違ったけど面白かった。

全10件中 1 - 10件を表示

ジャン・ジオノの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ザミャーチン
エイモス・チュツ...
ポール・オースタ...
フォークナー
松家 仁之
リチャード ブロ...
パヴェーゼ
バルガス=リョサ
M.バルガス=リ...
ヴィクトール・E...
M.バルガス=リ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする