星の王子さま (岩波文庫)

制作 : 内藤 濯 
  • 岩波書店
3.76
  • (15)
  • (15)
  • (10)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 242
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003751312

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずっと手元に置いておきたい作品!
    歳を重ねるごとに感じ方も違うと思った。

  • 素敵な言葉が本当につまってる。何回読んでも面白い

  • かんじんなことは目に見えない。人生で大切な事が全て詰まった名作だと思います。僕も「子ども」の心を持つ大人になりたいです。

  • 伝えたい事は分かるが今の自分の環境、状況などからは伝わるものが特になかった。

  • 『心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ』

    余裕があれば、河野さん翻訳ver.の方も読みたい
    表現の柔らかさの違いとか、色々読み比べ的なのしてみたい

  • おはなし給食(2017年度)

  • 光文社古典新訳文庫の野崎歓訳でこの物語は読んだのですが、“歴史的名訳”ということで、こちらの内藤濯訳も読んでみることにしました。『星の王子さま』というタイトルを考えた方です。

    一九五三年に翻訳されているためか、あまり馴染みのない言葉も使われているように感じました。単純に言葉がわかりやすく読みやすいのは、野崎歓訳かと思いました。内藤濯訳は、流れるような声に出して読みたい文章だった印象です。

    どちらの訳もそれぞれ良さがあり、訳による違いを読み比べるのも面白かったです。

全18件中 11 - 18件を表示

著者プロフィール

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ。1900年6月29日、フランスのリヨン生まれ。
幼少の頃より飛行士に憧れてその職につく。飛行士と兼業して、飛行士の体験をもとに『南方郵便機』、『夜間飛行』などを発表。
第二次世界大戦中、亡命先のニューヨークにて『星の王子さま』を執筆し、1943年に出版。同年軍に復帰し、翌1944年7月31日地中海コルシカ島から偵察飛行に飛び立ったまま、消息を絶つ。
その行方は永らく不明とされていたが、1998年地中海のマルセイユ沖にあるリュウ島近くの海域でサン=テグジュペリのブレスレットが発見される。飛行機の残骸も確認されて2003年に引き上げられ、サン=テグジュペリの搭乗機であると最終確認された。

星の王子さま (岩波文庫)のその他の作品

星の王子さま (岩波 世界児童文学集)の詳細を見る 単行本 星の王子さま (岩波 世界児童文学集) サン=テグジュペリ
星の王子さま (岩波少年文庫 (2010)) 単行本 星の王子さま (岩波少年文庫 (2010)) サン=テグジュペリ
星の王子さま (岩波の愛蔵版 1) 単行本 星の王子さま (岩波の愛蔵版 1) サン=テグジュペリ

サン=テグジュペリの作品

ツイートする