古琉球 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.69
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :77
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003810217

作品紹介・あらすじ

薩摩藩による支配に続く明治政府による沖縄と沖縄人に対する不当な差別を目の当たりに見、骨身にしみて育った「沖縄学の父」伊波普猷。本書は、彼が沖縄の歴史・言語・民俗を探究した、沖縄学樹立の記念碑的作品であり、歌謡集『おもろさうし』とともに沖縄を知るための必読の古典である。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784003810217

  • 太平洋戦争前の沖縄、琉球の様子について書かれている。戦争でいろいろな資料が消失したと思うが、このような記録はとても貴重であると思う。

  • いまや途絶えつつある、沖縄周辺に存在する(した)言語・文化に関する、沖縄学の古典である。短編集であるので、テーマ毎に読めるのが良いところ。明治時代に琉球語の発音が変わっていく過程、たおもろそうしに代表されるような琉球の詩歌や神話についての記述など、興味深い事例が多く掲載されているので、琉球語に興味がある人がいきつく古典である。

  • 「沖縄学」の父と言われる井波の、古琉球にまつわる様々な方面の論文を集めたもの。全くの門外漢の私でも知っている、古代日本のハ行の発音がP音であったという定説となった「P音考」も収録されている。ハ行発音の変遷が、琉球語から導き出されたというのは知らなかった。
     もっとも、そういう学術的な話に興味があるのは専門家や、アマチュア研究者であって、そうではない読者にとっては、「おもろそうし」などの琉球語の詩や、神話などを素直に楽しめばいいのだと思う。琉球語の民謡などには、結構びっくりするようなどぎつい内容のエロスがあったりして、けれど風土ゆえか、陰にこもらない明るいすがすがしい印象になっている。
     この、「明るくすがすがしいけれど、ただ開けっ広げではない濃密なエロス」や、「圧倒的に雄大な自然と交歓しそれを称える感情」というのは、確かに古事記や万葉集、あるいは平安以降の京都・東京の文化にはあまりない、鮮やかで強烈なエネルギーだ。
     一方で、井波は沖縄の歩んできた、苦難というもおろかな政治的経緯も掬い上げる。井波は沖縄の啓蒙運動に身を投じ、それに挫折した人であり、ここにある苦渋がインクとなって書かれたような文章は、明るい詩とは対照的だ
     そんな中でも、古い民謡の採集のために懇意にしていた老人が、実は神懸かりと信じて自分の幻覚を「歴史的・民俗的事実」として話していたことがわかった顛末など、笑ってしまうような話も出てくる。いや実は、井波自身にとっては笑い事ではなかったろうと思うが、これをユーモアとして一編の文章にするあたりが、井波の精神の強靭さを表しているように思う。

  • (2010:渡辺正人先生推薦)

  • 沖縄タイムス 2010.01.04 選者:新城俊昭

  • 沖縄の方言の本。
    外国語のように感じられる。
    アメリカに占領される前の沖縄の原風景があります。

全7件中 1 - 7件を表示

古琉球 (岩波文庫)のその他の作品

古琉球の詳細を見る 古琉球 伊波普猷

伊波普猷の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
J.L. ボルヘ...
マーク・ピーター...
オルテガ・イ ガ...
ウンベルト エー...
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

古琉球 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする