日本倫理思想史(一) (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003811054

作品紹介・あらすじ

『倫理学』と並ぶ和辻哲郎の主著。古代から近代に至る倫理思想の展開とそれを支える社会構造の変遷を、宗教から文学まで視野に収めた壮大なスケールで描き出す試みは、日本思想の通史としていまだ類例がない。戦後まもない1952年に刊行された本著は、これ自体が近代日本の思惟の可能性と困難を照らす生きた史料である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 解説:木村純二

  • 日本に倫理と呼べるほどの思想的潮流があったのかと、タイトルを見たときに胡散臭く感じたのが第一印象だった。
    そんな思いを引きずりながら導入部を読んでみると、倫理学と倫理思想は別物だとある。
    倫理学が大系的なものであるの対し、倫理思想はかくあるべきという教えのようなものだと。
    それでやっと、なるほどと思った次第。

    日本では西洋と異なり、行動規範に係わる原理や基底を要求する傾向が少なかった。
    あるときはキリスト教義だったり、あるときは近代的理性だったりするものが日本には無い。
    そのため倫理を原理から演繹的に派生するものと捉えるのではなく、和を持って尊しとなすというような空気で捉えるしかない。
    その空気を感じさせてくれるものとして本書はあると思っている。

    ちなみに我々の生きる現代の視座に近い4巻から読んでみることにした。

  • 面白かった。倫理思想とはいいながら、和辻流日本史講義のように読めました。導入部分こそ、ちょっと手こずりましたが、それ以降はどんどん読み進められます。ここの説に対する学界の反応、批判はともかく、これだけ広い視野で歴史全体を見通せるなんて、やはりすごいと思います。

  • 岩波文庫:青 080/I
    資料ID 2011200061

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

和辻哲郎
1889(明治22)年、兵庫県に生まれる。哲学者・文化史家。姫路中学、第一高等学校を経て、1909(明治42)年、東京帝大文科大学哲学科入学。在学中に第二次「新思潮」に参加、谷崎潤一郎らと文学活動を続ける。卒業後、京都帝大助教授を経てドイツ留学、1931(昭和6)年同大教授。1933(昭和9)年に東京帝大教授となり1949(昭和24)年退官する。翌1950(昭和25)年、日本倫理学会初代会長、1955(昭和30)年文化勲章受章。1960(昭和35)年没。主な著書は、大和古寺巡りのブームを起こした1919(大正8)年の『古寺巡礼』の他、『日本古代文化』『風土』『倫理学』(全三巻)『鎖国』『日本倫理思想史』など、また『和辻哲郎全集』(全25巻・別巻2)がある

「2019年 『国民統合の象徴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和辻哲郎の作品

日本倫理思想史(一) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする