中国近世史 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003811719

作品紹介・あらすじ

日本の東洋学の祖・内藤湖南(1866‐1934)。彼の時代区分論は日本のみならず世界的な評価を受けている。本書は唐末五代を中世から近世への過渡期とみなすだけでなく、明清時代へと続く近世中国の特質が宋代から元代にかけて形成されたと論じる。具体的な史実に即した平明な叙述のなかに独創的で鋭い洞察が光る内藤史学の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 貴族制度が崩壊した唐〜五代十国から説き始め、皇帝独裁の官僚制度が整った宋を近世の幕開けとし、元滅亡までを描く。歴史を俯瞰し要点を掴んだ語り口は明快でリズムがあり読み易い。野蛮人とか文化的に劣るといった表現がズバズバ出てくるが、差別的使用というより、ひとつの定義と割り切って読むべき。人物評価も呵責ないが、無能と断じた人にも、功績や美点があれば、その旨併記しているので、(無論著者の主観ではあるが)公平さが担保されている印象。中国の統治形態の移り変わりを捉えるのに適している。

  • 唐末から元にかけての中国史。著者はこの時代に近世への画期があったとする。

全2件中 1 - 2件を表示

内藤湖南の作品

ツイートする