動物誌 (下) (岩波文庫)

制作 : 島崎 三郎 
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (453ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003860120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 動物誌を読み通したいわけではなく、アリストテレスの方法論を見たかったので、7巻を読んで、偽書では?とされる8、9巻はパラパラ。偽書とされる10巻は目次程度。

    この量の凄まじさには驚かされる。
    かなりあっさりとしか読まなかったが、アリストテレスの知りたかった姿が見れた。
    これぞプラトンの対極にある知への探究心。
    唯一なる善のイデアというよりも、個別の事情、その分類、整理から見えてくる普遍的な事項の探究。
    プラトンの対話法による追求は、基本的には演繹的。
    世の中ではこうだよね?でも、こうだから、こうだよね?という方法。
    アリストテレスがここでまさに科学の芽生えをさせているのは、帰納法的な方法。

    まさに科学の原点で、ここにあるのはティマイオスとは違う。

    とはいえ、プラトンとは違うけども、ギリシャにほかにこういう人がいなかったのかというと、そうでもないのかな?
    アリストテレス以前の科学というのも気になるけども。まぁ、次に進もう。

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2013200636

全2件中 1 - 2件を表示

アリストテレースの作品

ツイートする