ジャック・ラカン 精神分析の四基本概念(下) (岩波文庫)

制作 : ジャック=アラン・ミレール 
  • 岩波書店
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003860175

作品紹介・あらすじ

精神分析の四つの基本概念——無意識・反復・転移・欲動——の本質に迫る、ラカンのセミネールの記録。「無意識は一つのランガージュとして構造化されている」という定式を打ち立てた後、下巻では、転移と分析家、欲動と疎外、主体と〈他者〉の関係など、重要な問題が次々に検討される。文庫化にあたり訳文を全面的に見直した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 耐えられないような苦痛は磨いてきた知性や嗅覚、発想力が自分にしか意味をなさないとき、

全1件中 1 - 1件を表示

小出浩之の作品

ジャック・ラカン 精神分析の四基本概念(下) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×