物理学はいかに創られたか(下) (岩波新書)

  • 岩波書店
3.49
  • (10)
  • (28)
  • (48)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 463
感想 : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004000150

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アインシュタインが物理学をわかりやすく解説した労作です。上下巻ながら岩波新書では1940年の出版以来90刷に迫る古典的名著です。
    物理学をアインシュタインがどのように認識してきたのかがわかります。それは、物理学や科学の進歩が我々の存在や住む世界をより明らかにするということです。あえて、幸せにするといわなかったのは、使われ方次第では、人類の凶器ともなる原爆という怪物をも作ってしまう危険性が常にあるからです。
    原爆開発にかかわった罪滅ぼしとして、アインシュタインの晩年は世界平和のために尽力したことはよく知られています。

  • 物理学はいかに創られたか―初期の観念から相対性理論及び量子論への思想の発展 (下巻)
    (和書)2009年10月19日 20:49
    1963 岩波書店 アインシュタイン, インフェルト, 石原 純


    物理学は基本的な物事の捉え方を探求していることを知った。そして説明されているものもあるが、その基本的な部分が暗黒であるということ、それを革命的に覆す可能性があるということを知った。一切の諸関係を覆そうということ、マルクスの言葉であるがその言葉が非常に重いということを知った。

  • 【電子ブックへのリンク先】※スマホ・読上版です!

    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000072845

    ※学外から利用する場合は、「学認アカウントを・・・」をクリックし、所属機関に本学を選択してキャンパスIDでログインしてください。

  • 上巻は今まで何となくわかっていることを難しい言語で読んでいる感覚で、なかなか読み進められなかったが、下巻は引き込まれるように一気に読んだ。

    相対性や量子など、一般の生活では掴むことができない世界を、様々な仮説を検証しながら組み立てていく。アインシュタインが我々のために時間をとって、できるだけ易しい言葉を選んで語りかけてくれている所が他の本では味わえない感覚。

    時間や長さが絶対的ではないこと、エネルギーと質量の関係、座標が変われば常識が変わること、物体と場の存在、波と粒子、量子物理学と古典物理学、今の常識が実は大きな仮説、思想、概念を含んでいること、等々学ぶことが多かった。

    アインシュタインさん、インフェルトさん、どうもありがとうございました。

  • 150円購入2014-02-22

  • 大学入試へ向かう列車の中で読んだ。

  • 東大京大教授が薦めるリスト100選抜

  • 数式で物理法則を学んだ者が発展史からその思想、概念が深く分かる本。量子論が面白かった。

  • 『BQ』(林野宏著)ビジネスパーソンに必須の23冊
    1宇宙とは何か

  • (1968.08.03読了)(1967.01.23購入)
    内容紹介
    20世紀を代表する物理学者であるアインシュタインとインフェルトが、専門的予備知識を持たない読者のために、現代物理学の全貌を平易に解説した万人のための入門書。数式を用いず、巧みな比喩と明快な叙述によって、ガリレイやニュートン以来の物理思想から相対性理論および量子論に説き及ぶ。

    ☆関連図書(既読)
    「物理学はいかに創られたか(上)」アインシュタイン・インフェルト著、岩波新書、1939.10.30

全27件中 1 - 10件を表示

アインシュタインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A. アインシュ...
有効な右矢印 無効な右矢印

物理学はいかに創られたか(下) (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×