社会科学入門――新しい国民の見方考え方 (岩波新書)

著者 : 高島善哉
  • 岩波書店 (1954年6月20日発売)
3.33
  • (2)
  • (9)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
  • 103人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004110606

社会科学入門――新しい国民の見方考え方 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 社会科学の入門書ですが、さすがに古いという印象は否めません。

    本書では社会科学とは何かを解説するに当たって、自然科学との対比を用いるとともに、体制、階級、民族の3つの観点から社会科学の取り組むべき問題について紹介しています。

    また著者は、世界の歴史は封建主義から資本主義を経て、その後社会主義に至ると考える立場に立っています。そうした観点から、社会科学は、現代の日本における封建主義体制の残滓と資本主義体制の行き詰まりを打開するための条件についての考察をおこなう必要があると主張しています。

  • 読書案内(古典)
    政治学、法学、経済学、歴史学、社会学、教育学、社会主義

  • 学生時代以来の再読、今回の感想は主に三つばかり。
    ひとつは当時の社会科学者は社会主義を絶対視とは言わないまでも高い価値を見出していたということ。
    この点、遺物としての思想を学ぶという意味において、同著は有効かと。
    次に社会科学という思考の生い立ち。
    東洋でも中東でもなくやはり欧州、これは考えさせられる深い深い事実かと。
    最後はやっぱりこういう教養入門みたいな新著が現れてほしい。
    どうも社会科学自体が死語と化しつつあるのか、総合的な知性の深耕という意識が最近低いような気がするんですな。
    (偉そうに言ってみました、すいません、、、)

  • ・現代社会科学の最大の関心は、体制・階級・民族の問題に向けられる。これは現代におけるすべての人が切実に頭を悩ましている問題であり、市民社会の学である社会科学は、この問題に対して真向から対峙しなければならない。

    ・社会科学は原則として3つの研究部門から成り立っており、それは歴史部門・理論部門・制作部門である。とくに歴史は、理論と政策とを結びつける場であり、そして歴史という場は階級関係によって支えられている。

  • 社会科学とは何ぞや─?を古くは16世紀まで遡ってその起源から説明している。内容としては単なる現代社会のものの見方、考え方を指南するものではなく、社会科学の誕生やら本質を学術的に、根本から追求するものであるように感じた。
    第一章では社会科学の構成因を、二つの体制、二つの階級、民族の三要素から説明している。ここでいう二つの体制とは資本主義と社会主義であり、二つの階級とは資本と労働を指す。
    第二章では社会科学が科学として成立するためには人間自身の側における変化と社会そのものの側における変化が条件とし、動的な変化が必要とする見解を、ルネッサンスや絶対王政時代における市民革命に照らして述べている。
    続く第三章では前章に引き続き社会科学の成立には、市民社会の開拓、人間がものを見、社会を考える姿勢が必要だとする見解を、近代思想家の主張を引用しつつ解説している。
    第四章は、政治学、経済学、法学以外の社会科学─主には歴史学、法学─に触れ、欧州からの近代社会科学の流れにおいてドイツ、イタリア、ロシア、日本のもつ意義について言及する

  • 参考文献がよい。
    政治学
    法学
    経済学
    歴史学
    社会学
    教育学
    社会主義
    分野ごとに著名な書籍を掲載している。

    約60年前の著作である。
    この60年間の社会科学の進展をふまえて改訂があると嬉しい。

    また、自然科学者のための社会科学入門があるといいかもしれない。
    時定数が大きい事,確率が低いこと、認識主体を系の中に含んでいることを理解すれば、自然科学者が社会科学を理解するのに役立つと思う。

  •  確か入寮前の課題

  • [ 内容 ]
    社会体制、階級、民族など、現代に生きる私たちにとって切実な重要問題を取り上げて懇切に解明しながら、それを通じて、社会科学的なものの見方や考え方とはどういうものであるかをわかりやすく語る。
    社会科学こそ国民のために奉仕すべき学問であるという著者年来の信念にもとづいて書かれた入門書。
    巻末に読書案内を付した。


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ~100408
    学部推薦図書

全10件中 1 - 10件を表示

高島善哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
マックス ヴェー...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

社会科学入門――新しい国民の見方考え方 (岩波新書)に関連する談話室の質問

社会科学入門――新しい国民の見方考え方 (岩波新書)に関連するまとめ

社会科学入門――新しい国民の見方考え方 (岩波新書)はこんな本です

社会科学入門――新しい国民の見方考え方 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする