安全性の考え方 (岩波新書 青版 644)

制作 : 武谷 三男 
  • 岩波書店 (1967年5月20日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004111108

安全性の考え方 (岩波新書 青版 644)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 健康に関連するいくつかの事例の顛末等が記載され安全について考える材料になると思う。事例については新しいものではないが、現在の社会においても形を変えて起こりうる問題である。

  • いとも簡単にアンダーコントロールと世界に言い放った人たちに問いたいのは、安全性の考え方。

  • (1972.06.26読了)(1972.06.21購入)
    *解説目録より*
    四日市ぜんそくといわれる煤煙禍。炭鉱爆発の後遺症に苦しむ三井三池の負傷者たち。狂い死にする水俣病、指の感覚を失う山林労働者の白ろう病。こうした産業の犠牲者達の実状を正しく伝え、ユリア樹脂食器を摘発した主婦連の活動や公害を未然に防止した沼津地区の町ぐるみ闘争を紹介するとともに薬学、医学、法律の上から現代社会のひずみにメスを入れる。貴重な生命を守るため、国民は「安全性」をどう考うべきかを根本的に究明した書。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

安全性の考え方 (岩波新書 青版 644)はこんな本です

ツイートする