現代論理学入門 (岩波新書 青版 C-14)

著者 :
  • 岩波書店
3.17
  • (1)
  • (5)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 153
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004120148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 記号論理学の入門書です。

    本書の中心をなす第2章では、命題論理と述語論理の基礎を紹介していますが、第1章と第3章は、著者の専門である哲学に関わる話題が扱われています。「分析哲学」と呼ばれる哲学の潮流の中で、フレーゲやラッセルといった論理学の刷新にたずさわった哲学者たちが向き合っていた問題と、その哲学的意義が解説されています。

    現代の論理学では、私たちの知識を統一的な原理のもとに組織するという意義を持っており、形而上学的な独断に基づいて論理学を否定するような考え方に対する批判がおこなわれています。

  • よくもまあここまで細かく、言葉に厳密であろうとする態度をとれるなあ、と、いい意味で呆れる。
    僕たちがごくごく当たり前に使っている言語の奥深さを、わずかながら垣間見せてくれている感じ。

    僕の感触としては、半ばで紹介されていたデカルトの言葉がかなり的を射ているように思う。
    いわく、論理学は新しい何かを学ぶというわけではなく、すでに知っている何かのよい説明を学ぶものだ、と。

    なるほど。

  • 哲学における論理学の位置づけはわかったけど、3割くらいしかまだ理解できてないので、もう一度読もう。

全4件中 1 - 4件を表示

沢田允茂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
戸田山 和久
ウィトゲンシュタ...
フランツ・カフカ
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

現代論理学入門 (岩波新書 青版 C-14)を本棚に登録しているひと

ツイートする