性格はいかにつくられるか (岩波新書 青版 652)

著者 :
  • 岩波書店
3.14
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004120728

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心理学の立場から、性格の形成要因を説き明かす試みを紹介した本です。

    著者は、性格を形成している要因として、環境的要因と遺伝的要因の二つが存在すると説明しています。とりわけ、二つの要因がそれぞれどの程度性格の形成に関与しているのかが明らかにするために、双生児の比較研究が大きな意味をもっていることが解説されています。

    実証的な心理学の手法を通じて、性格という比較的複雑なものに迫るには、どのような方法があるのかということを、わかりやすく説明した本という印象です。ただ個人的には、性格という複雑なテーマに挑むのに、本書が採用する実証的な方法はいささか問題の本質にとどいていないように感じてしまいました。

  • 1967年の本なので、目新しいことは書かれてない。
    基本を押さえてる感じ。
    けっこう読みやすい。

  • 双子の研究は薄気味悪いな。

  • 前半は、環境と幼児の人格形成の話。
    後半は、生物学的なデータを扱った遺伝の話になっていった…。

全4件中 1 - 4件を表示

詫摩武俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
綿矢 りさ
三島 由紀夫
松下 幸之助
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする