かな―その成立と変遷 (岩波新書 青版 679)

著者 :
  • 岩波書店
3.30
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004120971

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もう少し章立てを細かくして貰いたい。読んでいて何の話なのか、主題が何なのか分からなくなる。

  • 明治時代の変体仮名活字について触れられているかと思い買ったが、そこまでは取り上げていなかった。しかし、多数の文書の写真を見るだけでも楽しかった。(書きかけ)

  • 日本における文字の発達がわかりやすく書かれています。平仮名は漢字が草体化して成立するのに対し、片仮名は仏典の漢音表記の必要性から生み出されたことなど、豊富な資料とともに紹介されています。和歌についても詳しく述べられており、歌や手習いなど平安貴族の生活も垣間見ることができます。とても読みごたえのある一冊で、まさに名著だと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

小松茂美の作品

ツイートする