ザメンホフ―エスペラントの父 (岩波新書 青版 30)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004121053

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エスペラント創始者ザメンホフ博士の評伝。初版は1950年。エスペラントの生まれた歴史的背景、ザメンホフ博士の苦闘が描かれている。

  • ザメンホフの生涯を書いた本、にとどまらず、著者がエスペランティストであるだけあって、たぶんエスペランティストの方々が抱いているような問題意識とかももろもろ詰まっていて、今でもいろいろ考える出発点になりそうな本。

  • [ 内容 ]
    リトアニアのユダヤ人として生まれたザメンホフは、少数民族としての悲哀と文化の混乱のうちに成長した。
    少年時代にすでに「国際語による世界人類の相互理解」という想念にたどりついた彼は、その後の全生涯を、人々の無理解や危険思想としての圧政者の弾圧に抗してエスペラント語の普及に捧げた。
    先駆者による愛と傾倒の書。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 958夜

  • \105

全7件中 1 - 7件を表示

ザメンホフ―エスペラントの父 (岩波新書 青版 30)のその他の作品

伊東三郎の作品

ツイートする