第二次世界大戦下のヨーロッパ (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004130352

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンパクトだが、第二次世界大戦の戦雲に覆われるヨーロッパで特定の国に留まらず東部戦線の前線にも行き貴重な写真も多く、ドイツ人を擁護することもなく、1970年ころの著作にしてはヒトラーヲ支持したドイツ人の心理やビスマルク以来の権威主義的盲従傾向の指摘や、各地に音楽が戦争中にもあることを書いてるなど、第二次世界大戦と音楽や芸術の利用は切り離せないこともごく短いながらも触れており考えさせられるコンパクトにまとまった第二次世界大戦の主戦場樽ヨーロッパを見た日本人の貴重な記録の一つといえます。

  • 第二次世界大戦下のヨーロッパは、数多くの戦争をしている。たくさんの国たちが人同士が傷つけあい争った時代である。国のために侵入を繰り返し、戦争をくりかした。ユダヤ人の虐殺も多くされてきた。戦争は悪い方向にしか進まない。破壊と破滅しか生み出さない。戦争は二度と起こしてはいけない。戦争をしても平和にはならない。戦争がおこることによりその戦争のせいでまた違う戦争や紛争が生まれてしまう。二度と戦争は起こしてはいけない。

全2件中 1 - 2件を表示

笹本駿二の作品

ツイートする