歌舞伎以前 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004130994

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【配置場所】工大一般図書【請求記号】772.1∥H【資料ID】91021024

  • [ 内容 ]
    伝統文化として脚光をあびる歌舞伎や能・狂言、そして茶や花などは、どのように成立し発展してきたのだろうか。
    古代国家の束縛を打破って成長してきた中世の民衆がその生活の中から生み出したさまざまな芸能は、近世に至って歌舞伎に凝集する。
    それら芸能を担い支えた人びとの生活や意識に光を当て、伝統芸能の本質を説き明かす。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 481夜

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1914年 石川県金沢市に生まれる。1938年 京都帝国大学文学部国史学科卒業。立命館大学教授、京都大学教授、京都国立博物館長を歴任。1998年 没【主な編著書】『中世芸能史の研究』(岩波書店、1960年)、『町衆』(中央公論社、1964年)、『日本芸能史論』(全三巻、淡交社、1987年)、『日本史論聚』(全八巻、岩波書店、1988年)

「2017年 『角倉素庵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林屋辰三郎の作品

ツイートする