大岡越前守忠相 (岩波新書 青版 D-107)

  • 11人登録
  • 1レビュー
著者 : 大石慎三郎
  • 岩波書店 (1974年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004131076

作品紹介

おなじみの「大岡政談」が、実在した江戸町奉行大岡越前守とほとんど関係のないことは、すでに学問的定説である。それでは、将軍吉宗に抜擢された歴史上の大岡忠相は、どのような人物であったのか。日本最初のすぐれた政策官僚として、江戸の行政、とりわけ町火消の設立、救貧対策、物価安定などに力を注いだ彼の姿を、その日常生活を含めて描きだす。

大岡越前守忠相 (岩波新書 青版 D-107)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1974年刊行。著者は学習院大学経済学部教授。

     「貧農史観を見直す」「鎖国」「田沼意次の時代」など、著者は、近世史・江戸時代史に関し、教科書的な解釈に対するアンチテーゼ的な書を数多く執筆している。
     その中でも、元禄から享保、天明期までの著作が多いが、本書は、その中期江戸における行政官僚として辣腕をふるった大岡忠相に焦点を当てた書。

     裁判官のように扱われる文学作品上の大岡越前とは異なり、江戸の行政担当者の側面を明快に検討していく。

全1件中 1 - 1件を表示

大石慎三郎の作品

大岡越前守忠相 (岩波新書 青版 D-107)はこんな本です

大岡越前守忠相 (岩波新書 青版 D-107)を本棚に登録しているひと

ツイートする