古事記の世界 (岩波新書 青版 E-23) (岩波新書 青版 654)

著者 :
  • 岩波書店
3.58
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004140238

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 神代から人代への移り変わりの時に書かれた
    暦が政治利用される
    稲作と日本との関わりが分かる

  • 高天の原と葦原の中つ国と黄泉(根)の国
    日向(ヒムカ)と襲(ソ)
    伊勢と出雲
    大和と熊野

    聖なる中心としての東(ヒムカシ)
    大和の香具山から伊勢神宮へ
    ヒルメからアマテラスへ

    と、ちはやぶる国つ神たちの西
    オホナムヂから大国主へ

    山幸彦、海幸彦

    彦姫による政治的・宗教的二重統治
    ex卑弥呼と弟、アメノウズメと猿田彦
    『巫女に夫が無いのは神の妻(鬼道)だから』
    から斉宮制へ

    鎮魂はもともとタマフリ
    魂は一種のモノであり消耗するので年ごとに更新し、賦活せねばならなかった。冬至に行われる大嘗祭。ホノニニギの再誕。

    『日本の古語で稲のことをトシと呼んだのは、それにより一年を表示しうると考えていたしるしであり、円環の祭式的な反復する時間を表していた。時間がかかる円環をやぶり、継起的、事件的に動き流れるものとして自覚されるようになるのは、中国から渡来した天文暦によってである。こうして神話や祭式の世界から歴史の世界へ、神代から人代へと時間が転換する。この転換を引き受け、神話的時間を歴史的時間に翻訳する人物として創出されたのが神武天皇である。』

    またきます。

全2件中 1 - 2件を表示

西郷信綱の作品

古事記の世界 (岩波新書 青版 E-23) (岩波新書 青版 654)を本棚に登録しているひと

ツイートする