日本の現代小説 (岩波新書 青版 676)

著者 :
  • 岩波書店
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004140344

作品紹介・あらすじ

巻末: 年表

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 島尾敏雄を知らなかったことをいたく反省、お勉強である。

    久しぶりに文学の講義を聴いたような感じだ。プロフィールを見ると著者中村氏が大学の教授であるからかもしれない。

    「現代の...」といっても中村光夫氏が昭和43年(1968年)に書いたものであるから、もうも37年も経ってしまい、それこそ昭和時代前半の文学論になってしまっていることは否めない。つまり論じられている時代は大正期(1924年)から昭和42年(1967年)だ。

    だからこそ、同時代の評論家が論じたものが、もし今に残って読まれている本があれば本物だということになる。島尾敏雄は戦後「第三の新人」として、しかし新人達と一線隔していた作家だそうだ。なるほど。

    で、その昭和の前半の小説群だが、年表をみると読んだのもかなりあるが、名を知っていても読んでないのや、全く知らないのも出て来た。当然だが中村光夫という評論家の目を通してリストアップされているので、これがすべてではないし、論評には個性がある。

    それを踏まえて私が未読で興味を持った作家は、新感覚派の横光利一、自然主義系統の正宗白鳥、織田作之助、プロレタリア系の宮本百合子。

    徳田秋声はもっと読みたい。

    武者小路実篤、徳永直、山本有三はなつかしい。

    ああ、有島武郎、梶井基次郎、堀辰雄、坂口安吾、太宰治よ。

    林芙美子、佐藤春夫、谷崎潤一郎、志賀直哉、岡本かの子、丹羽文雄、吉行淳之介、井伏鱒二、尾崎一雄、室生犀星、大岡昇平、田宮寅彦、船橋聖一、武田泰淳、深沢七郎は読んだのが多いなー。

    永井荷風、石川達三、大江健三郎はちょっと縁遠かった。

    幸田文、野上弥生子はほんとによく読んだ。

    というように自分を振り返りながら読んだ。

    「私小説」を脱して客観性のある面白い物語、思想のある小説を猛烈に模索していた時代、した時代とも言えるのではないかと思う。昭和の小説史、なかなか手応えがあった。

    この書が取り上げた時代の終わりごろからベストセラーという言葉がはっきりしてきたそうな(1955年)、その辺からマスコミニュケーションが作用する。「百年の誤読」の出番。

    『…小説は、見えがたきを見えしめ、曖昧なるものをあきらかにし、限りなき人間の情欲を限りある小冊子のうちに網羅し、これをもてあそべる読者をして自然に反省せしむるものなり。…』

    この本の最後に引用してある坪内逍遥「小説真髄」の一節である。果たして?

    *****

    その後ネットで中村光夫(1911年~1988年)を調べた。1935年東京大学仏文科卒業。「日本の近代小説」他著書多々。評論家小林秀雄の影響。

  • 『日本の近代小説』(岩波新書)の続編です。横光利一らによって領導された新感覚派の登場からプロレタリア文学運動を経て、戦後の新たな文学の潮流にいたるまでを概観しています。

    プロレタリア文学について、かなり立ち入った紹介をおこなっているのが目を引きました。戦後の文学についてはやや批判的なトーンが強いと感じましたが、戦前からの大きな流れのなかで戦後文学のめざましい台頭を見る視点は、たしかに重要ではないかと思います。

  • 『近代小説』と対をなす、こちらは『現代小説』。
    横光利一から大江健三郎までの現代文学史の概略。ポイントを抑え解りやすい内容は『近代小説』と同じ。

全3件中 1 - 3件を表示

中村光夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×