武器としての笑い (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004140825

作品紹介・あらすじ

古来、日本人はおおらかに笑うことを知っていた。江戸時代でも、儒教道徳にこり固まっていない庶民は諷刺の精神に富んだ笑いを楽しむすべを知っていた。しかし、西欧追随、大国志向の明治百年の間に日本人は笑いを忘れる。本書は、庶民にとって最強の政治的武器である笑いの復権を目ざして、さまざまな場面での笑いの発掘を志す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    古来、日本人はおおらかに笑うことを知っていた。
    江戸時代でも、儒教道徳にこり固まっていない庶民は諷刺の精神に富んだ笑いを楽しむすべを知っていた。
    しかし、西欧追随、大国志向の明治百年の間に日本人は笑いを忘れる。
    本書は、庶民にとって最強の政治的武器である笑いの復権を目ざして、さまざまな場面での笑いの発掘を志す。

    [ 目次 ]
    1 どこまで続く笑いの不毛
    2 ホモ・ルーデンス、文化のこころ
    3 笑う日本人

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/400414082X
    ── 飯沢 匡《武器としての笑い 19770120 岩波新書》
     

  • 未購入

全3件中 1 - 3件を表示

飯沢匡の作品

ツイートする