自由への大いなる歩み―非暴力で闘った黒人たち (岩波新書 青版)

著者 :
制作 : 雪山 慶正 
  • 岩波書店
4.40
  • (10)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004150039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 公共のバスに普通に乗ること。空いている席に自由に座り、目的地までそこに座り続けること。そんな当たり前が許されなかった社会がありました。不正と侮辱が蔓延する黒人差別への対抗として、バス乗車ボイコット運動に踏み切ろうとしたキング牧師と同胞たちの闘いの記録です。

    いかに血を流すことなく、自分たちの切なる願いを世に伝えることが出来るのか。対応を少しでも誤れば大きな衝突に発展しかねない緊張感のなか、キング牧師は“非暴力=愛”のもと丁寧に言葉を紡ぎ、同胞たちに冷静に努めるようキリストの教えを説き続けました。
    キング牧師自身その先頭に立ちながらも悩み、苦しみ、その責任の重さと悪意ある圧力に押しつぶされそうになった事実にも触れています。その時彼の心を支えたのはキリストの教示でした。キング牧師が辿り着いた一つの解釈は、一読の価値があります。

    最近触れる機会のあった『ドリーム』(原題:『Hidden Figures』)という作品も、1960年前後の黒人差別を扱った内容でした。共通して言えるのは、差別行為が日常へ当たり前に溶け込んでいること。さらに、特権を握っている立場の者たちは簡単に利権を放棄せず、不正を不正と認めにくいということです。

    黒人差別に対する運動としては、アメリカのごく小さな地域の出来事に過ぎないかもしれません。しかもその運動が成功するまでに、とてつもない努力を要しました。
    しかし小さくても大きな前進。今なお差別のニュースは絶えませんが、いつか「過去の出来事」となる日が来ることを願って止みません。

  • バスボイコット運動の詳述。主語をぼく、ぼくたちと訳した訳者の慧眼に敬服する。なぜなら、本書は歴史と共に著者の内面と思想と宗教を扱ったもので、「親しみ」こそが、その価値を不動のものにしているからだ。キング牧師28歳の時に発刊された。

    キリスト教への傾倒は理解できないが、そこから離れた彼自身の思索を紡いだ言葉は、刺激に満ちている。

    ・この町の緊張は決して、白人とニグロの間にあるのではない。それは根本的には、正義と不正の間に、光りの軍勢と闇の軍勢にあるのだ。
    ・「わたしはここでわたしが正しいと信ずることのために闘っています。だが、いま私は恐れているのです」
    ・再びバスにかえるときは、敵を友にかえるにたりるほど親切に振る舞おうではないか。
    ・南部に自己の権威と運命を新たに自覚した新しいニグロがいることを理解しなければ、モントゴメリーのバスに関する抗議運動を十分に理解することはできないだろう。
    ・たゆまぬ努力を怠るときは時間自身が非合理的な感情主義や社会を破壊する暴力の味方になってしまうだろう。
    ・現代の社会的転換期の最大の悲劇は、悪人たちの甲高い要求の声ではなく、善き人々のおそるべき沈黙だということを記録せねばならぬだろう。
    ・非暴力抵抗を主張する人々は、ひとは反対者に対して肉体的な攻撃を加えるべきではないという服従を主張する人たちの意見には賛成するが、同時に他方では、ひとは悪に対しては抵抗せねばならぬという暴力を主張する人々の意見にも賛成して、バランスを取るのだ。
    ・ネルーはかつて、イギリス人は、インド人が非暴力をもってかれらに抵抗したときほど憤慨したことはいまだかつてなかったといった。
    ・人間的な成熟を示す確実な印の一つは、自己批判にまでたかまる能力だ。

  • リーダーシップの本質を直感的に学んだ。
    まだ自分の中に落とし込めていないが、いつかもう一度読み返して、キング牧師の神髄に至りたい。

  • 非暴力の努力は、相手側が暴力をふるうことを想定している。
    黒人差別が、ほんの数十年前まで続いていたことに驚く。

    アメリカの暗部が、現在,どのように払拭しているのだろうか。
    貧富の差,暴力,犯罪などが横行するアメリカの実情を加味するとよいかもしれない。

  • [ 内容 ]
    一九五四年、アメリカ南部モントゴメリーで差別待遇の廃止を求めた黒人たちは、バス乗車ボイコット闘争に立ち上った。
    一年の激しい闘いの後,ついに五万の固い団結は勝利し、これが発火点となって黒人革命が燃え上っていく。
    本書は、「愛と非暴力の思想」を掲げ、この運動を指導したM.L.キング牧師の闘いと内面の記録である。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • マーティン・ルーサー・キング・ジュニアは、今から42年前の1968年4月4日にテネシー州メンフィスで邪悪な白人のならず者によって射殺され39歳で命を落とした。

  • 出版社/著者からの内容紹介

    一九五四年,アメリカ南部モントゴメリーで差別待遇の廃止を求めた黒人たちは,バス乗車ボイコット闘争に立ち上った.一年の激しい闘いの後,ついに五万の固い団結は勝利し,これが発火点となって黒人革命が燃え上っていく.本書は,「愛と非暴力の思想」を掲げ,この運動を指導したM.L.キング牧師の闘いと内面の記録である.

    目次
    まえがき
    Ⅰ 南部へ帰る
    Ⅱ 抗議運動以前のモントゴメリー
    Ⅲ 決定的な逮捕
    Ⅳ もっとも偉大なる日―十二月五日
    Ⅴ 運動は勢いを加える
    Ⅵ 非暴力への遍歴
    Ⅶ 反対者の方法
    Ⅷ 絶望的な人々の暴力
    Ⅸ ついに人種的隔離は撤廃された
    Ⅹ 今日のモントゴメリー
    Ⅺ ぼくたちはここからどこへ進むのだろうか?

  • 学生時代父が買ってきてくれました。

全9件中 1 - 9件を表示

M.L.キングの作品

自由への大いなる歩み―非暴力で闘った黒人たち (岩波新書 青版)に関連するまとめ

自由への大いなる歩み―非暴力で闘った黒人たち (岩波新書 青版)を本棚に登録しているひと

ツイートする