兵役を拒否した日本人―灯台社の戦時下抵抗 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004150190

作品紹介・あらすじ

昭和14年、ほぼ時を同じくして3人の兵士が上官に兵役拒否を申し出た。彼らが所属するキリスト教集団灯台社は、以後苛酷な弾圧にさらされる。兵役を拒否し、信仰を貫くという行為に直面して、戦争への道を疾走しはじめていた軍隊や国家は、どのような本質を露呈したか。関係者の証言や新資料により、抵抗者たちの生き方を描く。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

稲垣真美
作家・評論家。1926 年京都生まれ。
1955 年東京大学大学院美学専攻課程修了。
1965 年「苦を紡ぐ女」で井上靖に認められ作家となる。
1974 年ごろから日本酒、本格焼酎、泡盛の蔵を回り、1977 年にまとめた『ほんものの日本酒選び』(三一新書)が大ベストセラーとなる。以後、地酒や本格焼酎の啓蒙・普及に尽くす。
1989 年、「全国酒類コンクール」を立ち上げ、以降、毎年2度(春季・秋季)コンクールを開催。
本業の文学にも精進中。

「2018年 『日本の誇る酒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稲垣真美の作品

ツイートする