インドで暮らす (岩波新書 青版)

著者 : 石田保昭
  • 岩波書店 (1963年12月20日発売)
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004150329

インドで暮らす (岩波新書 青版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は半世紀以上も前に日本語教育のためにインドに3年間暮らし,そこで感じたインドについて語っている.現在とは違うインドの破壊力を感じる.特に貧富についてや,彼らの行動原理については日本人には理解できないものである.

    著者は敢えて高い給料を拒み,インドの貧困に触れようとする.ただ,それでもまだインドの民衆よりは高い給料である.そして,この「恵まれた」状況に強烈なまでに自分を責めることを繰り返す.また,インドの民衆の貧しさはひどく,そこから目を背ける自分をさらに責めるのである.

    著者の救いは,当時,インドの共産主義運動に参加した若者たちであった.共産主義がその後,成功しないことを著者は知る由もなかったが,絶望的な貧しさの中に身動きもとれず息を潜めるだけの民衆とは違い,かろうじて,ここに生命を感じたのだろう.

    ともかく,インド人の環境はともかく,なぜ自らをここまで追い詰めるか,当時のインド文化だけでなく著者自体の人間にも目を向けたくなる書となっている.

  • [ 内容 ]
    四億もの人びとが生活しているインド。
    極度に貧しい人民の大群をかかえ、きびしい国際関係のなかにおかれているインドは、国内的にも国際的にも多事多難である。
    日本語教師として三年間ニューデリーに滞在した筆者が、この国のさまざまな階層の社会意識をさぐりながら、明日のインドの進路をたずね、アジアの将来を考える。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 題名に惹かれて買ったはいいが、まだ読んでない。

全4件中 1 - 4件を表示

石田保昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする