南太平洋の環礁にて (岩波新書 青版 68)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004150688

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (2017.06.17読了)(2010.05.03購入)(1988.05.18・第10刷)

    【目次】
    Ⅰ ポリネシア人を探しに行く -フランス領ポリネシア-
    Ⅱ コプラが先か人間が先か -タヒチ島からプカルア島へ-
    Ⅲ 他人のものは我がもの -小さなコミュニティ(人間集団)-
    Ⅳ 時間が流れない -荒涼たる世界-
    Ⅴ 招かれざる客 -人間の偉大な生命力-
    Ⅵ 太陽はプカルアをめぐる -人間は年をとらない-
    Ⅶ 思いたったら最後 -一文なしの放浪の旅-
    Ⅷ 住めば都のプカルア -はるかなくにオ・タヒチ(タヒチ島)-
    あとがき

    ☆関連図書(既読)
    「マゼランが来た」本多勝一著、朝日新聞社、1989.07.25
    「キャプテン・クック」ジャン・バロウ編・荒正人訳、原書房、1992.10.25
    「南太平洋物語」石川栄吉著、力富書房、1984.03.31
    「ハワイ・南太平洋の謎」秋道智弥著、光文社文庫、1989.07.
    「オセアニア 地域からの世界史17」高山純・石川榮吉・高橋康昌著、朝日新聞社、1992.12.20
    「旅は道づれアロハ・ハワイ」高峰秀子・松山善三著、中公文庫、1993.06.10
    「オーストラリア6000日」杉本良夫著、岩波新書、1991.02.20
    「オーストラリア」杉本良夫著、岩波新書、2000.07.19
    「ノア・ノア」ゴーガン著・前川堅市訳、岩波文庫、1932.03.25
    (表紙カバーより)
    二カ月に一度しか機帆船が廻ってこず、椰子からとれるコプアで経済を支えている小さな孤立した珊瑚礁の島プカルア。単身この島に棲み込むこと一年半。自給自足のきびしい自然の中で、島民と生活を共にしながら、彼らの社会構造をさぐり、外部の近代社会とのつながりをみきわめようと試みる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大阪市生まれ。
1968年東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。
オーストラリア国立大学高等研究所太平洋地域研究部。
金沢大学文学部教授、国立民族学博物館併任教授。
中部大学国際関係学部教授、同大学国際地域研究所長。
現在、中部大学名誉教授、専攻・オセアニア研究、民族問題研究。
リトアニア国立ヴィトータスマグナス大学客員教授。

【主要著書・訳書】
『南太平洋の環礁にて』(岩波新書、1967年)、Leadership and socio-economic change in Sinasina, New Guinea Highlands (New Guinea Research Bulletin 45), Australian National University Press, 1972、『われらチンブー─ニューギニア高地人の生命力』(三笠書房、1973年)、A Bibliography of Micronesia compiled from Japanese publications 1915-1945(学習院大学東洋文化研究所、1979年)、『ニューギニア高地社会』(中央公論社、1981年)、『リトアニア─小国はいかに生き抜いたか─』(NHKブックス、1996年)、以上単著。『東北アジアの歴史と社会』(名古屋大学出版会、1991年)、『憎悪から和解へ─地域紛争を考える─』(2000年、京都大学学術出版会)、『リトアニア─民族の苦悩と栄光─』(2006年、中央公論新社)以上編著・共著。『サモアの思春期』(マーガレット・ミード著、蒼樹書房、1976年、共訳)、『フィールドからの便り』(マーガレット・ミード著、岩波書店、1984年)、『ニューギニア紀行─19世紀ロシア人類学者の記録─』(ニコライ・ミクロホ‐マクライ著、平凡社、1989年、共訳)、以上訳書。その他、論文多数。

「2013年 『ニューギニアから石斧が消えていく日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

畑中幸子の作品

南太平洋の環礁にて (岩波新書 青版 68)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×