モロッコ (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004150701

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (1997.09.04読了)(1991.09.15購入)
    内容紹介 amazon
    モロッコはアフリカ大陸の最もヨーロッパに近接した土地として、フランス文学や政治の上に大きな影響を与えてきた。戦前にこの土地をくまなく旅した著者が、精彩ある文章に記して描きつくした植民地モロッコの統治組織、風俗、信仰――。自立を喪い、固有の文化を蝕まれた民族の哀しい姿が、ここにまざまざと浮かびあがる。

  • 保護国的支配や民族的偏見が時代を感じさせる。
    なんというか、資本主義が世界を席巻する前の「よき時代」の感を上流階級の視点からはもつことができる。一方でモロッコの一般庶民の状況はそれとは異なって生活に必死なものであり(ex.娼婦, 乞食)そうして視点に還らせてくれる働きもしている。しかし、これだけの旅に出ることのできる筆者はどれだけ優雅な階級だったのだろうか…

  • [ 内容 ]
    モロッコはアフリカ大陸の最もヨーロッパに近接した土地として、フランス文学や政治の上に大きな影響を与えてきた。
    戦前にこの土地をくまなく旅した著者が、精彩ある文章に記して描きつくした植民地モロッコの統治組織、風俗、信仰――。
    自立を喪い、固有の文化を蝕まれた民族の哀しい姿が、ここにまざまざと浮かびあがる。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

山田吉彦の作品

モロッコ (岩波新書)はこんな本です

ツイートする