ヒマラヤ登攀史 (岩波新書 青版)

著者 : 深田久弥
  • 岩波書店 (2002年6月12日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004151036

ヒマラヤ登攀史 (岩波新書 青版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『日本百名山』でお馴染み深田久弥氏の著。8,000m峰という極限に人が挑んできたドキュメンタリー。それぞれにドラマがあり、挑戦のあり方も様々、撤退しつつも賢明な判断で教訓を残した隊から学ぶことも多い。また単なる登山記録の記述のみならず、ガッシャーブルムの呼称に関する記述など、著者の主張も適度に入っているのが良い。

  • 8,000m峰それぞれの初登頂に関するエッセイ。
    スラスラと読めるけれど、文字と簡単なルート図だけでは素人にはイメージがわかない部分も多い。

  • [ 内容 ]
    世界の屋根、ヒマラヤは今も昔も人びとの心をとらえて離さない。
    一九五○年フランス隊のアンナプルナ初登頂に始まるヒマラヤ黄金時代に、現在とは比較にならぬ貧弱な装備、不完全な地図しかもたぬ先人達は、八千メートルの高峰にどんな夢を見、挑んでいったのか。
    本書は人と山との壮絶な闘いの歴史を綴った記録である。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

深田久弥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする