山の思想史 (岩波新書 青版 860)

著者 : 三田博雄
  • 岩波書店 (1973年6月23日発売)
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004151043

山の思想史 (岩波新書 青版 860)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    ヨーロッパ人にとってデーモンの棲家、日本人にとって神仏の霊地であった山々は征服と審美の対象になった。
    近代の科学技術に潜むデーモンを征するには自分の足で山に登り自分の感覚で自然を体験するほかない。
    とめどなき環境破壊の進行は今ふたたび自然に対する認識の問直しを迫っている。
    山を愛する科学思想家が叙す山の近代思想史。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2010/10/30購入
    2010/12/22読了

全2件中 1 - 2件を表示

三田博雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

山の思想史 (岩波新書 青版 860)を本棚に登録しているひと

ツイートする