新しい地球観 (岩波新書 青版 779)

著者 :
  • 岩波書店
3.57
  • (2)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004160168

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • HS17 科学史

  • [ 内容 ]
    古地磁気学、地震学、海洋底科学等の発展と観測技術の進歩によって、単なる思いつきとされていた大陸移動説がふたたび登場してきた。
    それは海洋底拡大説、マントル対流論を中心とする新しい地球観の提唱である。
    このような地球科学の進展と自らの日本列島の研究について述べた本書は、科学的思考の醍醐味を満喫させてくれる。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 【鴨川仁先生のオススメ : 自然科学が専攻でない学生こそ読んで欲しい古典的科学名著】

    もはや常識となっている地球上の大陸が移動するという説。
    当初は門外漢である気象学者であるウェゲナーが
    南アフリカ大陸と南米大陸の海岸線が似ていることにヒントを得て学問が始まった。
    大陸は動かないという固定概念をどのように科学者達は打ち破ったのか、書籍には壮大なドラマが描かれている。
    自然科学が専攻でない学生こそ読んで欲しい書籍。日本語から世界各国語に翻訳された古典的名著。

    【配架場所】図書館書庫 448/U32

全3件中 1 - 3件を表示

上田誠也の作品

ツイートする