摩擦の話 (岩波新書 青版 33)

著者 :
  • 岩波書店
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004160335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一言に摩擦と言っても、沢山種類があり、メカニズムもまちまちであることが分かる。人類が摩擦にどう対処してきたか、その歴史も分かるのがいい。

  • 機械屋さんとお話することがよくあります。
    摩擦は、機械工学の基本技術の一つです。
    本書では、具体的な話と、理論的な話がちょうどよく混ざっていて、勉強にもなるし、ためにもなります。

    レオナルド・ダ・ヴィンチ、アモントン、クーロンなどの歴史。
    生活、遊び、スポーツのなかの摩擦減少。
    表面と表面張力、乾燥などの摩擦の仕組み。
    製品開発における摩擦との戦いなど幅広い内容です。

  • [ 内容 ]
    摩擦という現象ほど日常生活に密接なものはない。
    人が歩くのもマッチで火がつくのもヴァイオリンで音楽をかなでるのも。すべて摩擦現象を利用している.現在では工業技術の精密化・高速度化によって。摩擦をいかに処理するかが重要問題となってきた。
    摩擦についての研究史からはじめて、技術の世界での摩擦との闘いに説き及ぶ。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

摩擦の話 (岩波新書 青版 33)に関連するまとめ

ツイートする