中国の科学文明 (岩波新書 青版)

著者 : 薮内清
  • 岩波書店 (1970年8月20日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004160588

中国の科学文明 (岩波新書 青版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中国は、エジプト文明などと並んで四大文明の一つに数えられます。しかし他の文明と異なるのは、中国古代の文明が、今日にも受け継がれ、実際に利用されているものが少なくないところです。例えば鍼灸や漢方薬などは、古代に発祥して今日も利用されていて、実際の効果を発揮している。また、中国が生み出した火薬、羅針盤、紙は、世界三大文明と賞賛されることも多く、世界史的に与えたインパクトは大きい。
    しかし早い段階で成熟した中国文明も、近代に入るとその威光は徐々に薄れていき、自らの力では変革、発展ができなくなってきて、西洋の先進国からの導入を余儀なくされた。
    こういった中国科学文明の流れを丁寧に解説しているのが本書で、1970年発行という内容の古さが若干あるのは否めなくもないが、中国の科学史を知る上では現在も尚、好著であります。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

薮内清の作品

中国の科学文明 (岩波新書 青版)はこんな本です

ツイートする