小判・生糸・和鉄―続江戸時代技術史 (岩波新書 青版 863)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004160649

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貨幣の鋳造,絹織物業,製鉄はいずれも近代日本の基幹産業である.機械技術の専門家である著者は,この三つの近代工業の前身――すなわち,小判や銭の圧造・鋳造や金銀の定量分析技術,蚕と繭と生糸に関する技術,和鉄によるなべ釜・打刃物から大砲製造に至る技術等々を紹介し,江戸時代の発達した産業社会を生き生きと描き出す。

  • [ 内容 ]
    貨幣の鋳造、絹織物業、製鉄はいずれも近代日本の基幹産業である。
    機械技術の専門家である著者は、この三つの近代工業の前身――すなわち、小判や銭の圧造・鋳造や金銀の定量分析技術、蚕と繭と生糸に関する技術、和鉄によるなべ釜・打刃物から大砲製造に至る技術等々を紹介し、江戸時代の発達した産業社会を生き生きと描き出す。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

奥村正二の作品

小判・生糸・和鉄―続江戸時代技術史 (岩波新書 青版 863)を本棚に登録しているひと

ツイートする