昆虫学への招待 (岩波新書 青版 754)

著者 : 石井象二郎
  • 岩波書店 (1970年6月20日発売)
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004160953

昆虫学への招待 (岩波新書 青版 754)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昆虫学の単純な入門書ではない。著者が長年研究してきた事の中から、著者が興味深いと思ったものを“講義”されているという印象。途中、化学や統計の用語が出てくるが、素人でも分かるように噛み砕いて説明してくれる。昆虫たちの生態の複雑さと面白さ、自然科学における実験のやり方について知ることができる良書。ただし、蛾やゴキブリの話が出てくるので、文章でも嫌だという人には薦められないかな。

  • 昆虫生理学者である著者が、まだ昆虫学が黎明期にあった戦争直前から研究してきたテーマを中心に、非常に興味深い話をいくつも紹介しています。随所で挫折した話が頻出して中途半端な印象がありますが、派手な画期的発見などよりも、むしろ研究が挫折したり暗礁に乗り上げてしまった際に、「そんな簡単なものじゃないはずだ」と問い掛けるような探求心に著者の熱意を感じました。

  • [ 内容 ]
    なぜカイコは桑をもっぱら食べるのだろうか。
    昆虫の雄は、どうやってたくさんの虫のなかから同種の雌を見分け、間違いなくそこへ飛んで行くのだろうか。
    ゴキブリはなぜきれいなところを嫌うのだろうか。
    昆虫の観察や実験をつみ重ねてきた著者は、具体的な例をとおして、昆虫研究の面白さを読者に伝える。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

石井象二郎の作品

昆虫学への招待 (岩波新書 青版 754)はこんな本です

昆虫学への招待 (岩波新書 青版 754)を本棚に登録しているひと

ツイートする