アユの話 (岩波新書 青版 386)

  • 14人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宮地伝三郎
  • 岩波書店 (1960年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004160977

アユの話 (岩波新書 青版 386)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    初夏の渓流に姿をあらわし、記紀の時代から日本人に愛されてきたアユ。
    川と海を往来する一年間の生活と行動様式や「友釣り」に利用された独特のなわばり制など、興味深い生態をつぎつぎに解き明かす。
    綿密な野外調査にもとづく研究に、環境保全や文化史の視点をも加え、身近な自然の営みを情感豊かに語る。
    日本の動物生態学に一線を画した名著。

    [ 目次 ]
    1 アユ学入門―アユをなぜ問題にするのか
    2 “なわばり”の社会―アユの友釣り
    3 瀬と淵―川の環境とアユの生活
    4 アユの生活史―川と海とを往来する
    6 琵琶湖の“アユ苗”―石川千代松先生と生殖質連続説
    6 アユの動物経済学とアユをめぐる人間の経済学―アユの人口問題
    7 水産業のレベルを農業のレベルへ―アユの放流と養殖
    『アユの話』以後
    アユの生活史―擬俳文
    アユと『アユの話』と私

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

アユの話 (岩波新書 青版 386)のその他の作品

宮地伝三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
ジャレド・ダイア...
林屋 辰三郎
オルテガ・イ ガ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする