近代経済学の再検討―批判的展望 (岩波新書)

著者 : 宇沢弘文
  • 岩波書店 (1977年5月20日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004200048

近代経済学の再検討―批判的展望 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「自動車の社会的費用」を書いた宇沢弘文が、より幅広い経済学の視点を提供している。

    市場現象に限定しすぎて、より広範な視点を無視しすぎてきたことを反省している。

    カール・ポランニーらの経済文明論の流れを汲む、玉野井芳郎の、同時代の論調とも共通性がある。

    異なる学派であっても、時代の制約を理解し、それに対して解を出そうという努力が見られる。

    理論と現実の乖離についても警鐘を鳴らしている。

  • 「インフレーションや寡占といった経済現象、さらには、環境破壊や郊外、人間疎外などの社会問題に、現代の経済学は有効に対処できているのだろうか。いわゆる近代経済学の理論的な支柱をなす新古典派経済理論の検討からはじめて、ケインズ理論の意義と限界を考察し、今日の経済学が当面する危機を乗りこえる方途をさぐる。」一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

宇沢弘文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

近代経済学の再検討―批判的展望 (岩波新書)はこんな本です

近代経済学の再検討―批判的展望 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする