詩への架橋 (岩波新書 黄版 12)

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (2)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004200123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大岡信さんの最近の様子はどうなんだろう。
    新聞に以前に書いてあったな。
    谷川俊太郎さんとの記事。
    今月は、この本を、じっくり読もう。

  • 詩人であり批評家である著者が、これまでに感銘を受けたさまざまな詩を振り返りつつ、自身の青春時代を回顧したエッセイです。

    本書で紹介されている「詩」には、『万葉集』のような古典の歌から、ランボーやアンドレ・ブルトンのような海外の詩人まで、幅広く取り上げられています。それでもやはり、多く取り上げられているのは近代日本の詩人たちで、中原中也や荻原朔太郎、谷川俊太郎といったよく知られた詩人たちの作品を、著者がどのように受け取ったのかということがうかがえて、おもしろく読めました。

  • 大岡信の読書遍歴がわかる貴重な本。

  • [ 内容 ]
    中学生時代、著者はどのように詩と出会い、それに酔ったのであろう。
    また青春の日々にこの詩人が創出した詩的世界のはらんだ苦渋と輝きとは、何だったのであろうか。
    そして、その間に糧となった数々の詩――万葉、佐藤春夫、リルケなどの抒情詩から、同世代の戦後の詩人たち、さらに海外の新しい詩との出会いの軌跡が語られる。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1931(昭和6)年、三島市生まれ。詩人。歌人大岡博の長男。父と窪田空穂の影響で、沼津中学時代に作歌・詩作を行う。一高文科から東大国文科卒業。在学中に「現代文学」、卒業後「櫂」に参加し、「シュルレアリスム研究会」「鰐」を結成。読売新聞外報部勤務を経て、明治大学・東京芸術大学の教授をつとめた。詩と批評を中心とした多様な精神活動を行い、また連歌から発展させた連詩を外国人とも試みている。日本芸術院会員。
詩集―「記憶と現在」「春 少女に」「ぬばたまの夜、天の掃除器せまつてくる」「旅みやげ にしひがし」「丘のうなじ」など。
著書―「折々のうた」「新折々のうた」など多数。

「2016年 『折々のうた 春夏秋冬・冬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大岡信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
フランツ・カフカ
夏目 漱石
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする