茶の文化史 (岩波新書 黄版 89)

著者 : 村井康彦
  • 岩波書店 (1979年6月20日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 24人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004200895

茶の文化史 (岩波新書 黄版 89)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【状態】
    展示中

    ++1

  • [ 内容 ]
    「日常茶飯事」ということばがあるように、喫茶はきわめて日常的ないとなみである。
    それを非日常的な場と形式をもって行なうところに茶の湯が成立する。
    茶はどのように人びとに嗜まれ、日本独特の生活文化としての構造と特質をそなえてきたか。
    そしてそれは、他の様々な文化現象とどうかかわっているのか。
    茶を通してみた日本文化史。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

村井康彦の作品

茶の文化史 (岩波新書 黄版 89)はこんな本です

ツイートする