徴兵制 (岩波新書 黄版 143)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004201434

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • 元・茨城大学名誉教授 大江志乃夫(1928-2009)による近代軍事史における兵制の変遷と日本の徴兵制度の概説である。2013年3月にアンコール復刊。

    【構成】
    はじめに 現在の日本の徴兵制論
    一 傭兵軍隊・国民軍隊・徴兵軍隊
     1 傭兵軍隊から国民軍隊へ
     2 国民軍隊から徴兵軍隊へ
     3 帝国主義と軍隊
    二 徴兵令
     1 徴兵令の制定
     2 徴兵逃れとその対策
     3 徴兵制の確立
    三 外征軍としての徴兵軍隊
     1 外征戦争と徴兵軍隊
     2 徴兵忌避・兵営内の暴力と差別
     3 徴兵よけ祈願・弾丸よけ祈願
    四 十五年戦争下の兵役
     1 兵役法体制下の徴兵制
     2 総動員戦争下の兵力動員
     3 目的なき戦争と兵士
    五 現代軍隊と徴兵制
     1 国家と現代軍隊
     2 日本の防衛力と徴兵制
     3 民主主義と防衛問題

    銃器の変化による歩兵隊形とその訓練に要する期間、戦略思想、君主から民主政権への主権者の交代と戦略的な要請によって歴史的に変化を重ねてきた軍隊における兵卒の編成。

    その中で名では国民皆兵を謳いながら、その実は階級的差別的要素をもった運用がなされてきた近代日本の徴兵令。
    西南戦争を最後として外征部隊へと変貌を遂げ、満洲事変以後の急激な動員計画の増大により、最終的には根こそぎの動員となったその様相を、現役・後備役・予備役の規定年限と免除される対象者、拡大された対象者の変化を切り口に整理する。

    前半4章における議論の整理のされ方、語り口の切れ味は抜群である。最終章の政治的姿勢については好悪分かれるところがあるだろうが、それを除けば名著として推すことに疑問の余地はない。こういう著作をどんどん復刊してもらいたい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2009年9月逝去

「2013年 『明治国家の成立 天皇制成立史研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大江志乃夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする