生きる場の哲学――共感からの出発 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004201472

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 花崎さんもまだ迷いながら生を歩んでおられるのだろう。もうちょっとこなれたものを読みたかった。

  • 2017.3.6
    「Ⅰ共感と自己への関心」のみ読了。それ以降はなんか社会思想の話になってきていまいち興味からずれてしまった。優しさの思想、優しいとは「人を憂う」と書くというのはなかなか好きな言葉である。
    主体形成と対象認識。我ー我関係と、我ー汝関係。我々は生まれた瞬間に、もはや誰とも同一化できないものとして存在する。しかしなぜか、我々には同一化の渇望がある。その渇望によって、共感によって誰かと何かを共有し、同一化の意志が働く。しかし誰かと理解し合おうとするほど、同一化しようとするほど、私とあなたの間の差異は際立つ。その差異が、私が誰でもない私であることを浮かび上がらせ、自己への関心を育む。あの人でもなく、この人でもない私は、何者だろうか。そうして自己への関心により自己理解が進んでいく。自己理解が進むほどに、より他者のことを理解できるようになり、より共感できる範囲が、深さが、大きくなっていく。共感と同一化、差異と自己への関心、これらを循環的に繰り返すことで、他者との関係は、そして自己との関係は、螺旋状に深化していく。
    しかしその前提としての、同一化への意志、共感とは一体、なんなのだろうか。なぜ我々は、誰かと共感したい、一つになりたいと思うのだろうか。精神分析的に考えることもできるが、いまいちピンとくる説明はない。共感も、なぜ我々は他者に共感することができるのだろうか。他我問題としても提出することができる。なぜ我々は、他者の心を認識できるのか。
    見えない心をなぜ認識できるのか、そしてそのような見えない心を持った他者と、心を持つ私との関係性。この関係性が深まることが、生きることの深まりであろう。心の問題、関係の問題、いかに生きるかの問題について、参考になる知見を提供してくれた本。また気が向いたら、Ⅱ、Ⅲも読みたい。

  • とてもいい本。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1931年、東京に生まれる。哲学者。北海道小樽市在住。
北海道大学教員を経て、ベトナム反戦運動、成田空港や伊達火力、泊原発などの地域住民運動、アイヌ民族の復権運動への支援連帯運動に参加する。1989年ピープルズ・プラン21世紀・国際民衆行事で世界先住民会議の運営事務局に参加。「さっぽろ自由学校〈遊〉」、ピープルズ・プラン研究所の会員。著書に『生きる場の哲学──共感からの出発』(岩波書店、1981)『あきらめから希望へ──生きる場からの運動』(高木仁三郎との対論、七つ森書館、1987)『静かな大地──松浦武四郎とアイヌ民族』(岩波書店、1988/2008)『民衆主体への転生の思想──弱さをもって強さに挑む』(七つ森書館、1989)『アイデンティティと共生の哲学』(筑摩書房、1993/平凡社ライブラリー、2001)『個人/個人を超えるもの』(岩波書店、1996)『〈共生〉への触発──脱植民地・多文化・倫理をめぐって』(みすず書房、2002)『〈じゃなかしゃば〉の哲学──ジェンダー・エスニシティ・エコロジー』(インパクト出版会、2002)『ピープルの思想を紡ぐ』(七つ森書館、2006)『風の吹きわける道を歩いて──現代社会運動私史』(同、2009)『田中正造と民衆思想の継承』(同、2010)他。

「2012年 『天と地と人と』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花崎皋平の作品

ツイートする