お伊勢まいり (岩波新書 黄版 252)

著者 : 西垣晴次
  • 岩波書店 (1983年12月20日発売)
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004202523

お伊勢まいり (岩波新書 黄版 252)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古本で購入。

    タイトルは『お伊勢まいり』だが、メインは伊勢への道中ではなく、近代以前の伊勢神宮と民衆のつながり。
    伊勢講や抜け参りなどによりピーク時には100万人が参宮し、そこで各地の人々が共通の体験をしたことで、神宮を仲立ちにしたつながりが生まれた。
    そのつながりが、明治以降の天皇の下での国民国家形成に一役買ったという推論はなかなかおもしろい。

    驚きなのは、内宮と外宮による収入源(参宮者)の取り合いが、戦にまで発展したということ。
    御師どうしの旦那廻りの縄張り争い然り、意外と(?)ビジネス上でのいざこざが絶えないのは、最高の格式「大社」である伊勢神宮と言えど変わらないらしい。

    今なお、むしろ昨今の「パワースポット」ブームで、更に人々を惹き付けるお伊勢様。
    やはり一生に一度は行ってみたいもの。空気に是非ふれてみたい。

  • 伊勢神宮と伊勢信仰の歴史。神宮を存立せしめ、信仰を広めた経済的条件への言及が興味深い。一種の宗教ビジネス・観光ビジネスのようだ。

全2件中 1 - 2件を表示

西垣晴次の作品

お伊勢まいり (岩波新書 黄版 252)はこんな本です

ツイートする