尾瀬―山小屋三代の記 (岩波新書 黄版 263)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (2)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004202639

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 尾瀬を守り続けた長蔵小屋三代の記録。別の書籍で引用されていたので入手。現在では古書でしか入手できない。
    自然を守る、開発を止める、ということはそこに生活いる人々の人生を守るだけではなく、そうした生活を選ぶ権利を守る、ということなのだろうか。
    明治の半ばから、都市生活者と企業の利益のために地方が破壊されるという搾取の連続が尾瀬でもあった。それが今も各地で行われていることを都市生活者として忘れずにいたい。

  • 2016/1/26購入
    2016/5/7読了

  • 歌にも歌われた尾瀬を愛して 生きた 平野家三代の家族のことが描かれています。
    人間のエゴによる環境破壊と、大自然に過酷に立ち向かった壮絶な内容でした。
    今 尾瀬はどうなっているんだろうか・・・
    そして 福島と群馬との不思議なつながりも感じました。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 3

全6件中 1 - 6件を表示

後藤允の作品

ツイートする