読書と社会科学 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.88
  • (41)
  • (35)
  • (46)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 463
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004202882

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学や大学院で、リーディングアサインメントが課せられる。その際、学習課題上の指示は適宜あるものの、実は基本的な文献の「読み方」が、丁寧に指導されているケースは少ないのかもしれない。本書は、社会科学分野の本の読書論が説かれているが、書籍となった本だけでなく、前述の文献課題を読むときにも必要な思考法として活用できるだろう。この思考法を一口にいえば、自らが「概念装置」を体得することである。概念装置を作り上げ維持していくことで、幾多の学説と対峙できるという。別な表現をすれば、先行研究をチェックするときに必要な視座や、論文中で議論を展開する際に用いる道具、といえよう。

    「概念装置」の獲得には、①古典としての読みの習熟、②同語異議の例から異語同義の共通部分をなんとか見つけること、③対象である自然そのもの(学説ではなく)の観察・考察、といったことが求められている。つまるところ、概念装置とは、自分が苦労して得た、「認識手段」として活用できる「専門語の組み合わせ」である。この装置を用いて社会をとらえることが「社会科学」といえる。

  • タイトルどおり、読書と社会科学について書かれた本です。まず「読書会」。そして「読書そのもの」。そして「概念装置」というものについて。

    「概念装置」というのは、たとえば自然科学における顕微鏡などの「物的装置」と対になる言葉であるらしく、社会科学を発展させるための、頭の中にある方程式のようなもののようです。(自然科学に「概念装置」が必要でないかと言うとそうではなくて、その二つが入り混じって発展していくそう)

    この「概念装置」については、社会人向けのセミナーで語ったと思われる、

    Ⅰ章 「読むこと」と「聴くこと」と
    Ⅱ章 自由への断章

    では一切触れられず、主に社会科学に関わる学生に語ったと思われる、

    Ⅲ章 創造現場の社会科学――概念装置を中心に――

    において詳細に書かれています。

    ではこの「読書」と「社会科学」が完全に分断されているのかというとそうではなく、むしろⅢ章で語られた「概念装置」が、読書にとっていかに重要か、また読書によって如何に取り出され得るかが――本文では明言されていませんが――明らかに章をまたいで書かれています。

    第Ⅰ章にある一節です。

    ――A氏は、こういうふうに考えを展開するくせがあるらしい、するとここはこうなっているはずだが、果てしてどうだろうかといった作業仮説作りも自然身についてくる(この、仮説を作って、それに従う号が本文が自然に読めるかどうか、本文でためすという読み方は、是非じっさいに試して下さい)。同時に、自分の読みに対する信念も――試されることで――謙虚さ柔軟さを加えながら深まってきます。

    この「読みに対する信念」という言葉を、よく覚えておいて下さい。

    第Ⅲ章にはこうあります。

    ――既成の概念装置について、それも最新最鋭のものでなくていい、もっとも基礎的なものについて、その代りその概念装置の組み立て方、使い方をほんとうに呑みこんで自前のものとしておれば、それを基礎にして、新しいものを自由に自分で作ることができます。

    この2つの文章は、その結果でのインプット、アウトプットの違いはありますが、「読みに対する信念」と「概念装置」は極めて近い、というか入れ替えても文章はきちんと通じます。

    その他にも、

    第Ⅱ章

    ――何か安心できそうな他人の眼でなく――心細いながらも現にいま自分が持っている眼にすべてを託して、自分で読んでゆかなければならないでしょう。自分の眼をギリギリ精一ぱい使うよう努力して、作品に体当たりする他ありません。

    そして第Ⅲ章には、

    ――自分の眼をもち、自分のことばをもとうとするその絶望的な努力が、縁もゆかりもない学者の営みを、自分に近づけ、偉大な先達として彼を見、彼と共生することによって、彼の認識手段であったものを自分の認識手段に組みかえようとする。

    これは明らかに同じことを、読書に対する姿勢と、社会科学に対する姿勢とに対して書いています。

    この本は「社会科学」と「読書」について渾然一体となった、見事な実用書と言えるでしょう。

    第Ⅲ章の最後には、法学者ケネーについての講義を通して、実際に読者に「概念装置」を埋め込む試みがなされています。今まで読んできたすべてが結実する瞬間です。この興奮を、是非体験してみて下さい。

  • 読書について書かれた本は山ほどあるが、個人的に最も共感できる内容であった。
    Ⅰ「読むこと」と「聴くこと」と
    本文中に掬うような読み方や粗読への批判や読書後の感想文の重要さが書かれているため今これを書くのですら非常にやりづらいが、焦点を定めることが大事ともあったので強いて言うなら、本で「モノ」を読むという考え方は根底に必要なものではないかと。そして「情報として読む」のと「古典として読む」(一読不明快)の二通りの読み方があること。楽譜通り正確に演奏することが基本であって、個人のくせや気質から楽譜にせまっていくところに演奏の妙味があるといった話は普段音楽を聴いたり演奏したりする際の感覚の構造的な理解を助けるものであった。
    自分の読みに対する信念と著者に対する信念が疑問への第一歩であると。そうなると普段朝井リョウを全面的に肯定して読んでるのは娯楽としてはよくても実は非生産的であり著者への人間的信頼が欠如していることになるらしいぞ…。
    高級な批判力っていう発想がすでに高級な批判力やと思う。批判っていうことをポジディブに捉えたいですね。
    Ⅲ創造現場の社会科学
    章によって割りとテイストが異なっている。
    単純に「人生の行楽は勉強に在り」っていい言葉、ちょっと無理をするって今風に言うとストイックとか意識高いってなるけど良いことよね。

  • 約30年前既に世俗を離れた日本の経済学における碩学的存在といえる著者。「現実の”モノ”を読む(知る)ために本を読む。」「読んでも読まれるな。」といった言葉が印象的。内なる【概念装置】は、顕微鏡のような物質的外的装置とは異なり、誰もが自分自身で作らなければ本物とは言えないというような、学問を追求する真の意味を喝破する。本作品も当然30年以上前に記されたものだが、現在でも興味深く読むことができた。惜しむらくは、自身(私)がもう少し若かったら、と思うばかりである。巻末に近い「床屋と外科医」の話は、現代では「診断士と総合シンクタンクフェロー」くらいの話にならないだろうかと妄想するも喩えがよくないか。

  • 読書とは、識者との対話なのだと思うようになった。そして対話である以上、どちらかが正しいということはなく、またどちらも正しくて良いのだと思う。対話においてふたりは対等で…読む方は同じひとりの人として責任を持って挑まなければならないのだと、思うようになった。

  •  情報時代といわれ、情報はいっぱいあっても、自分の視点が定まってこないかぎり、氾濫する情報は、自分を押し流すだけで、自分の情報になってこないでしょう。情報が多いことが、そのまま悪ではない。情報を的確に選びとり、読むべきものについて読むべきほどのことを読み取る術を、手に入れなければならない。情報に流される事態から情報を使いこなす状態に変えなければならないでしょう。(p.32)

     深いところで著者を信じることは必要ですが、自分を捨てて著者にもたれかかっちゃいけない。その時その時の自分の読みをとにもかくにも信じてそこに自分を賭ける。問う行為(のくりかえし)がなければ、A氏の本が名誉であるがゆえんをこの眼で確認し、自分の古典として獲得することは、何回くりかえし読んでも不可能です。(p.41)

     私たち素人が読んで一番印象の深いのは、ところどころの文言が、読み手である私の想像力を喚起し、私のなかにあった経験をゆりおこして、不意に、私の眼にある「モノ」を浮かばせてくれることです。それもモノ一般ではない。私の生活現実と直接にかかわり、それを見据えさせてくれるモノとして、肥えがたく漠然とはしていても、いぶきをもって確かに眼の前に立ち現れて、容姿今度こそ「それ」をハッキリと明確に肥えてやろうと決意させる、ある手応えのある物。しかも、この漠としながら明確な手ごたえのあるものは、あちこちのこれまたさだけではない文言のなかにしかし確かに出没している。(p.58)

     その「いぶき」を大切にして、それを取り逃がさないように、しっかり取り込むために感想を書く。書く労苦を払わなければ、—さしあたってはちょこちょこっとした書き込みでもいいんですよーその大事な「いぶき」・「もや」も、漠たる印象に終って、やがて時とともに中身は消え去ってしまう。あの本はよかったという印象だけ強烈に残って、さて、しかし何がどうよかったのか全く思い出せない、ということもよくあります。あの時読んだあの本はよかったなという形に終って、時の経過を貫いて「いま」に生きるものを残さない。文化ショックがショックに終って創造に向かって働かない。だから絶対書かなきゃならない。それもーこの本をと思った場合にはー自分用のノートにまとめるだけではなく、他人に理解可能な文章にまとめ上げる労苦を払わねばなりません。(p.59)

     読み手としては、どこまで書きにくく読むかー書きにくいところを書きにくいまま受取ることーが勝負であります。他方書き手としては、読み手である自分が書きにくく受けとってきた両者を一身のなかでともに育て上げ、競い合わせる。そのせめぎ合いのなかで真に正確で個性的な確かな読みが出てくるんで、そこに、読書の意味と妙味があるんです。(pp.60-61)

     よくあの人は批判能力が勝れているといいますけれども、つまらない面、—あそこは間違っているとか、下らないとかいった消極的な面を発見する能力を指していう場合が多いようです。これももちろん批判ですが、私はこれを低級の批判力と名付けています。本当の批判力とは、俗眼に見えない宝をー未だ宝と見られていない宝を、宝としてー発見する能力です。ポジティヴにものを見る眼ですね。(p.74)

     何しろ春でしょう。春眠暁を覚えず。眠いんだ。暖かいんだ。暖かい寝床で情眠をむさぼっていたい。そういう、ふだんの怠け者根性に適合的な春なんだけれども、春はまた万物が目を覚まし新たになる美しい時でもありますからね。情眠を楽しんでいるとせっかくの春を見そこなってしまう。「春老いんと欲す」ですからね。そういう想念もまたもたげてくる。そこで、眠いところを、あるいは情眠の楽しみをむさぼっていたいところを、ちょっと無理をしてきた。すると果たせるかな、情眠の楽しみをこえる楽しみがそこにあった……。と、こう呼んでいいかどうか。(p.127)

     概念装置は、同じ自分の眼を補佐する装置であっても、物的装置とちがって、身体の外部ではなく内部にあるもの、自分の脳中に組み立てるものです。電子顕微鏡などのように、立派に出来上がった高度なものを、買いととのえるというわけにはいかないので、一人一人、苦労して組立て作業をやらなければなりません。製品を調達するのではなく、自己製作する。新しい概念装置を自分で開発する場合はもとよりのことですが、先人が作り上げて学界の共有財産になっている概念装置をそのまま使う場合でも、それを自分の認識手段として使いこなすためには、組立て作業それ自体を、一、一この眼を働かせながらキチンと、ていねいにやって、自家薬籠中の物としておかなければなりません。でないと、その概念装置は、知っていても、自分のこの眼でものを見る認識手段としては、役に立たない。その意味では、既成の概念装置の修得も、真にそれを自分の概念装置として獲得するためには、新しい概念装置の開発とまったく同じ種類の自主性と労苦がいる、ということを強調しておきたいと思います。(pp.148-149)

     本を読むことは大事ですが、自分を捨ててよりかかるべき結論を求めて本を読んじゃいけない。本を読むことで、認識の手段としての概念装置を獲得する。これがかなめです。それも、—概念装置が自分の眼に代ってものを見る手段に化けちゃわないで、自分の眼そのもののはたらきを補佐する手段として役立ちうるようなかたちで獲得することがかなめですからー認識手段としての概念装置を習うについても、単にこれを覚える、配線図のリプリントみたいに筋かきを頭に叩き込んじゃ駄目です。組み立てながら、たえず自分の眼をはたらかせてその効果のほどを験してみながら、組み立て方・使い方を体得する。(p.157)

  • 10刷1988年。95

  • 高校生のとき、代々木にある某ゼミナールの久保寺亨先生に勧められて読んだ本。当時は社会科学の古典として本を読むということが体得出来ず、悶々としていました。大人になった今、少しは分かったのかなあ?

  • 読了。読書術について記述したものであり、内容は至極当然のことを記述しているので、参考になることが多い。ただし、論の運び方が二転三転するなど、論旨が一本道ではないのがたまにキズか。

  •  認識の手段としての概念装置を手作りし、それを用いながらものを自分の眼で見なければならない。その為には自分を信じ著者を信じて、それを通して思わざるところに発見や宝を見出すという「古典としての読書」を身につける必要がある―といった内容。
     全体をふまえて、何にでも知的好奇心や探究心が必要であり、それ満たす為の努力を楽しめる気質を養いたいと思った。それに関連する、怠け者根性を捨てて人生におけるあらゆることを勉強し、楽しみを深めて人生を濃くする術を覚えるところ、それが大学である、という言葉にハッとさせられる。

全44件中 1 - 10件を表示

内田義彦の作品

読書と社会科学 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする