「文明論之概略」を読む(中) (岩波新書)

著者 : 丸山真男
  • 岩波書店 (1986年3月27日発売)
3.89
  • (11)
  • (11)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :159
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004203261

「文明論之概略」を読む(中) (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (2013.04.20読了)(2001.01.12購入)
    【4月のテーマ・[福沢諭吉を読む]その③】
    この中巻には、第四章「一国人民の智徳を論ず」、第五章「前論の続」、第六章「智徳の弁」、第七章「智徳の行はる可き時代と場所とを論ず」についての講義が収録されています。
    「第四と第五の両章で智徳を論じている仕方に、かりに実質的な題をつけるとすれば「社会の法則と文明史の方法を論ず」ということになるでしょうね。つまり、歴史をどうやってつかまえていくかということです。そのあと、こんどは歴史のなかで智と徳とがそれぞれどういう役割を占めているかという問題が、論じられている、こういう構成になっているのです。」(2頁)
    「第四、五、六章は、バックルの『イギリス文明史』を大きく下敷きにしてきます」(4頁)
    第七章、「開化していないときのものの考え方、思考様式はどうであるか、それが、文明の世になるとどうなるかを述べていく。」(227頁)
    第七章後半、「徳義はどういう領域で行われるか、逆に言うと、どういう領域では徳義に依存できないか」

    【目次】
    第七講 文明史の方法論
         第四章「一国人民の智徳を論ず」一
    第八講 歴史を動かすもの
         第四章「一国人民の智徳を論ず」二
    第九講 衆論の構造と衆議の精神
         第五章「前論の続」
    第十講 知的活動と道徳行為とのちがい
         第六章「智徳の弁」一
    第十一講 徳育の過信と宗教的狂熱について
         第六章「智徳の弁」二
    第十二講 畏怖からの自由
         第七章「智徳の行はる可き時代と場所とを論ず」一
    第十三講 どこで規則(ルール)が必要になるか
         第七章「智徳の行はる可き時代と場所とを論ず」二

    ●イギリス人(122頁)
    一人のイギリス人は愚鈍である。二人のイギリス人はスポーツをする。三人のイギリス人は大英帝国を作る
    ●ドイツ人(122頁)
    一人のドイツ人は詩人であり、思想家である。二人のドイツ人は俗物である。三人のドイツ人は戦争する
    ●合議の習慣(127頁)
    福沢は明治七年ごろに『会議弁』という文章をわざわざ著して、そこでは、ディスカッションのルール、つまり議長(会頭)や書記(書役)をどう決めるかとか、修正案を提出したいときはどうするかとか、細かい手続きを書いたのです。
    ●話す(128頁)
    彼(福沢)は、学問の趣意は「第一がはなし、次にはものごとを見たりきいたり、次には道理を考へ、其の次に書を読む」と言っているくらい、学問にとっても「話す」という知的会話の習慣を第一にもってきて、読書は一番最後にくるのです。
    ●福沢の志(135頁)
    自分の志すところは、日本国民のあいだに「理によりて強大に抗するの習慣を養ひ、以て外国交際に平均を得るの一事に在るのみ」と言うのです。
    ヨーロッパ列強に対して、理によって対等に交際する。それができるようにするためには、内において権力に対する抵抗の精神を養わなければならない。
    ●道徳教育(182頁)
    福沢は道徳教育万能の考えはいったいどういう結果に陥るか、さらに主観的には真摯な宗教的狂信がいかに恐るべき迫害を生むかということを示そうとした
    ●狂信の恐ろしさ(215頁)
    悪い奴なら、おどかして恐怖を与えるとか、利害で説得するとか、何とかその悪に対する対抗手段がある。しかし、俯仰天地に恥じないものはまったく始末がわるく、その行為をやめるよう説得のしようがない。

    ☆関連図書(既読)
    「福澤諭吉」西部邁著、文芸春秋、1999.12.10
    「福沢諭吉「学問のすすめ」」福沢諭吉著・佐藤きむ訳、角川ソフィア文庫、2006.02.25
    「日本の思想」丸山真男著、岩波新書、1961.11.20
    「翻訳と日本の近代」丸山真男・加藤周一著、岩波新書、1998.10.20
    「「文明論之概略」を読む(上)」丸山真男著、岩波新書、1986.01.20
    (2013年5月29日・記)
    内容紹介 amazon
    『文明論之概略』は、福沢諭吉の気力と思索力がもっとも充実した時期に書かれた最高傑作の一つであり、時代をこえて今日なお、その思想的衝撃力を失わない。敢えて「福沢惚れ」を自認する著者が、現代の状況を見きわめつつ、あらためてこの書のメッセージを丹念に読みとり、今に語りつぐ。読書会での講義をもとにした書下し。(全3冊)

  • この本読んでいる間、幸せ。

  • 大学の授業の関係で読んだ本。

  • 上中下3巻の中巻。内容は引き続きよいのだが、少しずつだれてくる。

  • [ 内容 ]
    『文明論之概略』は、福沢諭吉の気力と思索力がもっとも充実した時期に書かれた最高傑作の一つであり、時代をこえて今日なお、その思想的衝撃力を失わない。
    敢えて「福沢惚れ」を自認する著者が、現代の状況を見きわめつつ、あらためてこの書のメッセージを丹念に読みとり、今に語りつぐ。
    読書会での講義をもとにした書下し。

    [ 目次 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 【再読】

  • 岩崎勝彦先生推薦

全7件中 1 - 7件を表示

「文明論之概略」を読む(中) (岩波新書)のその他の作品

丸山真男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
ヴィクトール・E...
マックス ウェー...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

「文明論之概略」を読む(中) (岩波新書)に関連する談話室の質問

「文明論之概略」を読む(中) (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする