ことばとイメージ 記号学への旅立ち (岩波新書 黄版 331)

  • 32人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 川本茂雄
  • 岩波書店 (1986年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004203315

ことばとイメージ 記号学への旅立ち (岩波新書 黄版 331)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 目次:
    Ⅰ 記号学から言語学へ
    一 刺激から記号へ 二 記号としてのことば 三 ことばが詩になるとき
    Ⅱ 詩 の 言 語
    解 説 池上嘉彦

  • 言語学の視点から。イメージといっても絵画的な観点からは少なく、どちらかというと想起されるものとしてのイメージ。
    詩から考えてる分が多いかな。
    わかりやすく。例が身近なものが多いので理解しやすい。

全2件中 1 - 2件を表示

川本茂雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク ピーター...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ことばとイメージ 記号学への旅立ち (岩波新書 黄版 331)はこんな本です

ツイートする