ことばとイメージ 記号学への旅立ち (岩波新書 黄版 331)

著者 :
  • 岩波書店
3.11
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004203315

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者の二つの講演をもとにした本で、記号学と詩学についてわかりやすいことばで解説がなされています。

    著者は、パースとソシュールを創始者とする記号学について、基本事項をていねいに説明するとともに、言語の創造性に目を向け、詩におけることばの働きかたについての考察を展開しています。

    本書に収録されることになった講演をおこなったあとに著者が急逝したため、巻末に池上嘉彦による解説が付されることになりました。池上も、記号学と詩学に関心をいだく言語学者であり、本書の議論がもつ意義を的確に説明しています。

  • 目次:
    Ⅰ 記号学から言語学へ
    一 刺激から記号へ 二 記号としてのことば 三 ことばが詩になるとき
    Ⅱ 詩 の 言 語
    解 説 池上嘉彦

  • 言語学の視点から。イメージといっても絵画的な観点からは少なく、どちらかというと想起されるものとしてのイメージ。
    詩から考えてる分が多いかな。
    わかりやすく。例が身近なものが多いので理解しやすい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1913年、東京に生れる。1937年、早稲田大学文学部卒業。早稲田大学名誉教授。1983年歿。主著『言語学概説』(播磨書房、1954))『コンサイス仏和辞典』(共編、三省堂、1969)『ニューワールド英和辞典』(編集主幹、講談社、1969)『ことばとこころ』(岩波書店、1977)『ことばの色彩』(岩波書店、1978)。訳書『歌物語 オーカッサンとニコレット』(岩波書店、1952)ヤーコブソン『一般言語学』(監修、みすず書房、1973)チョムスキー『知識と自由』(番町書房、1975)『言語と精神』(河出書房新社、1996)ほか。

「2019年 『一般言語学 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川本茂雄の作品

ことばとイメージ 記号学への旅立ち (岩波新書 黄版 331)を本棚に登録しているひと

ツイートする