国会という所 (岩波新書 黄版 337)

著者 :
  • 岩波書店
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004203377

作品紹介・あらすじ

「国権の最高機関」と憲法がうたう所、国会。そこでは、どんな言葉がとびかい、タテマエや儀式の陰でどんな攻防がくり返されているのか。「議運」「国対」から「大臣とり」「ガチャン」まで、数々の基本用語・隠語を手がかりに、不合理と不思議に満ちた国会の内側を、興味深いエピソードをまじえて案内する。国会を監視する上で不可欠の武器。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1948年熊本県生まれ。子役で舞台デビューし、その後俳優・司会者・歌手・声優として幅広く活躍。1980年「きれいな未来を子供たちに手わたしたいから」と訴えて参議院議員に当選し、一期務めた。現在も市民運動にかかわりながら文筆活動を続けている。絵本『どんなかんじかなあ』(自由国民社)で日本絵本賞受賞。

「2019年 『主人公はきみだ ライツのランプをともそうよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中山千夏の作品

ツイートする
×