われ=われの哲学 (岩波新書) (岩波新書 黄版 341)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004203414

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は、人間が否応なく主体として判断することを迫られる「現場」と、日常的な価値観や社会のヒエラルキーに埋没している「場」を区別し、「現場」に立つ人びとどうしが「われ=われ」のつながりを作っていくことの重要性を主張しています。

    また、物質的な豊かさに取り巻かれる中で主体性を喪失することに陥りがちな現代という時代や、複雑な政治的・社会的状況の中で被害者が同時に加害者にならざるをえないという悲劇を見据えながら、そこで生きる人びとが「現場」の論理と倫理にめざめ、連帯を築いていく可能性について語られています。

    いつでも希望を見いだしたいという著者のスタンスのせいかもしれませんが、本書の冒頭では、空襲を経験した著者の「現場」体験や、黒人が差別に直面する「現場」などを例にとって、人びとがいやおうなく「現場」に巻き込まれてしまうことへの鋭い視点が見られますが、そこからあまりにも性急に、主体性の確立へと議論を急いでしまっているように思えます。

全1件中 1 - 1件を表示

小田実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

われ=われの哲学 (岩波新書) (岩波新書 黄版 341)はこんな本です

ツイートする