敬語 (岩波新書 黄版 365)

  • 19人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 南不二男
  • 岩波書店 (1987年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004203650

敬語 (岩波新書 黄版 365)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恐れ入ります。お見通しいただけますか?どうしたらよろしいでしょうか。けっ
    こうです。確かにお引き受けしました。そういたしましょうか。願ってもいない
    大畑です。ご一緒させていただきます。ぶしつけなお願いで恐縮ですが、お手数
    をおかけします。折り入って、お知恵を拝借したいのですが。いつまでにお返事
    を差し上げればよろしいでしょうか。残念ですが。ちょっととりこんでいました
    。お気持ちだけ、ありがたくいただいておきます。いたしかねます。不調法で、
    申し訳ありません。気になさらないでください。励みになります。はい、かしこ
    まりました。よろこんで。その節はあり。お心遣いいただき、わざわざご足労い
    ただきまして。お招きいただき。失礼いたしました。不注意でした失言でした。
    いいですね。たびたび恐れ入ります。いつもお世話になっています。お電話が遠
    いようで、確認させていただきます。とはことですね?ーの件でーしたくて尾で
    和しましたもう志摩市。

    ありがとう。つらいとき感謝します。うれしいとき三業がある。身体、口、心。
    つまり、想い、言葉、行動を。言葉必ず意見主張を岩内。人は死んでいて当たり

    目に見えるものでは分からないテレビ局は虚業。感謝を過去から髪に。人にボイ
    スを見つける手助けをすること。



全1件中 1 - 1件を表示

南不二男の作品

敬語 (岩波新書 黄版 365)はこんな本です

ツイートする