聖母マリヤ (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004203674

作品紹介・あらすじ

幼児キリストを胸に抱く聖母マリヤの姿は、永遠に女性的なるものの典型として、キリスト教圏のみならず、世界中の人びとに親しまれ崇められてきた。いまも広くヨーロッパにみられる聖母崇拝に焦点を当て、マリヤにちなむ伝承や伝説、讃歌、年中行事、絵画や彫刻などを通して、人びとがマリヤに托した願いと祈りをさぐり出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  マリヤの基礎となる以前の母神崇拝を取り上げ、母性を切り刻んだ跡に、伝承や習俗、美術分野に現れる、賛歌、図像を説く。文章も読みやすく、これといって問題点もないように感じる。悪く言えば平凡な本。

全1件中 1 - 1件を表示

植田重雄の作品

ツイートする