狂言役者―ひねくれ半代記 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004203964

作品紹介・あらすじ

室町時代より庶民の芸能として、歴史の荒波の中にもたくましく生き続けてきた狂言。その伝統を守りつつ、復曲狂言、オペラ、歌舞伎などにも積極的に参加し新境地を展開する著者が、反骨精神に貫かれた「ひねくれ」人生をユーモアとペーソスの中に語りながら、狂言の醍醐味を読者に伝える。狂言入門に最適な「狂言豆事典」も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全く、古くささを感じさせない
    おっしゃっておられることは
    ますます、現代に生きる演劇人たちに
    いや、もっとひろく言えば
    ますます、現代に生きる人たちに
    そのまま直言に
    そのまま諫言に
    なっている

    千之丞さんが亡くなられてから
    はや七年の月日が流れた
    思い起こせば
    千之丞さんが
    亡くなられた七年前の
    その日の次の日に
    茂山家の狂言の会があり
    その会に悲痛な気持ちで寄せてもらった

    普段通りに始まり
    普段通りに演目が進み
    普段通りに滑稽であり
    普段通りに笑いがあり
    普段通りの狂言会であった

    千之丞さんはの
    言っておられること
    してこにれたことが
    こうして確実に
    引き継がれていることに
    感動したことを
    思いだしました

  • [ 内容 ]
    室町時代より庶民の芸能として、歴史の荒波の中にもたくましく生き続けてきた狂言。
    その伝統を守りつつ、復曲狂言、オペラ、歌舞伎などにも積極的に参加し新境地を展開する著者が、反骨精神に貫かれた「ひねくれ」人生をユーモアとペーソスの中に語りながら、狂言の醍醐味を読者に伝える。
    狂言入門に最適な「狂言豆事典」も収録。

    [ 目次 ]
    記の一 まかり出でたる次郎冠者
    記の二 戦争ほどうつけたものはござらぬ
    記の三 狂言の出前もいたしまする
    記の四 狂言はお芝居でござる
    記の五 狂言役者がオペラの演出、これぞ真の狂言じゃ
    記の六 お構い下さるな、家元殿
    記の七 京の狂言師は今日狂言を致しまする
    記の八 狂言には色々様な顔がござる
    記の九 私ごとではござれども
    記の十 ジーンズが能楽堂へも参りました

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2

全3件中 1 - 3件を表示

茂山千之丞の作品

ツイートする