日本人の英語 (岩波新書)

  • 岩波書店
3.87
  • (263)
  • (340)
  • (330)
  • (18)
  • (6)
本棚登録 : 3461
レビュー : 302
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300182

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 988年刊行。著者は明治大学政治経済学部専任講師。

     日本語の文法用語にはない冠詞や前置詞。さらに日本語では明確に分別されない英語特有の時制、また機能語としての関係詞は、日本人による和文英訳の場合、さらに英文を作る場合にネックとなる要素である。
     本書は、英語ネイティブから見て、日本人の英語表現において陥りやすい陥穽につき、平易な英文(誤文も提示)を基に解説していく。

     もとより時制や関係詞などは高校での学習でもうるさく検討した記憶があるし、英文を読むという観点でも、文章理解の肝になるところから捨て置いた記憶はない。おそらく多くの人はそうだろう。
     しかし、前置詞や冠詞などは手を回しにくい。それは本書を読むと、これらは冠詞や前置詞は数多くの英文に当然の如く鎮座するため、当たり前のように読み飛ばしてしまうためだと気づかされる。
     ところが、かような冠詞・前置詞が、実は、英文(会話も)の細部のイメージを左右し、その結果、日英のディスコミの一端となっている。
     本書が指摘するこの事実には蒙を啓かれる思いだ。殊に、前置詞が動詞の意味内容を左右する機能を果たしている(さらに言えば、意味内容の把握には動詞よりも前置詞の方が重要、ないし同程度に重要だ)ということは、漫然と記憶しがちなイディオムに関して、遥かに豊潤なイメージを付与することに結実するに違いない。

     日本人の英語の不自然さをより具体的にイメージするならば、日英の立場を違えて考えるねと容易に理解できそうだ。すなわち、外交群の日本語学習者の中には、助詞の変な使い方をする人が少なくない。勿論、彼らの文章や発言の意味を理解することは可能であるけれど、しかしそれはちょっと…。という感情に似ているのかもしれない。

     勿論本書は冠詞や前置詞の重要性を説くだけに止まるものではない。ただ、刊行後一年も経たずに9刷まで増刷されたのも宜なるかなと感じさせる読後感であることは間違いない。お勧めの一書である。

  • ちょっと読みにくくはあった。受け手の問題。

  • この本の著者は東工大での研究歴があります。書くための英語の本で、読みやすく、関係代名詞の使い方、冠詞の使い方などがとても役に立ちます。同じシリーズの『続 日本人の英語』(1990年)と『実践 日本人の英語』(2013年)もお薦めです。

  • 英語の勉強は大学2年生で終わり、そのあと10年近くほっぽらかしにしているので、英語ブランクから、理解が及ばないところも多々あったが、それでも、冠詞、前置詞等、日本人が英語を勉強する中で、なぜこういう使い方をするのだろう・・・?と疑問に思ったり引っかかったりする点を、英語の論理を交えてわかりやすく解説してくれる。英語の言葉の考え方、論理の一端に触れることができ、英語そのものの面白さを感じることができる。
    今まさに英語を学んでいる人たち、教えている人たちに是非お勧めしたい。私にとっては、もっと早くこの本に出合えていればよかった、と悔やんでいる。

  • 英語の文章を書く機会が増えてきたので、aとtheの使い分けをきちんとしたいなと思って本を探していたところ、そういえば学生時代にこの本を何度も薦められたなと思い出し、読み始めました。

    結果、読んでよかったです。
    最初は主に aとtheの使い分けができない問題意識から読み始めましたが、ほかの広いトピックにわたって、ネイティブがどのように使い分けているかがわかりやすく解説されます。

    読む前には気づかなかった、ひとつひとつの英文の内包する意味に、気づくようになりました。
    (この 意味 は、忖度するようなものではなく、この本で書かれている論理によって導き出せるようなものです)

    実用的にも役にたちますが、英文を読み書きする時間がとても豊かで楽しいものになりました。

    最初書店の語学の棚で「冠詞」「前置詞」などのサブコーナーにおいてある、各トピックに特化した本を読もうかといくつか手に取って中を見たのですが、この『日本人の英語』を先に読むことにしてよかったと思います。

  • 筑波大学の授業科目「言語の万華鏡Ⅰ:語学から言語学へ」の指定参考書。
    非論理的な、“英語の論理”の解説書。

    似たような英文を並べて比較し、表現や文法の違いを際立たせて解説する。“こっちの書き方だと、こう捉えられてしまう”と具体例が示されるので何がどう違うのかわかりやすい。
    ただ、「英語の論理」を解説すると言っているのに、説明が全く論理的で無いのが致命的である。例えば、不/可算名詞の説明で「a manについては~男の~形がはっきり決まっている」「cornは~穂、粒、食べ物~すべて含めた総合的な意味~決まった形のない」とあるが、男だってヒゲとか力とか含めた総合的なもので決まった形があるとは思えない。(cornは地下茎でつながって1ヶが定まらないから不可算だとか言うならわかるが、たぶん違うのだろう。)他にも根拠も論理も無い説明ばかりで非常にフラストレーションが溜まる。日本の英語教科書を批判している割には、お粗末なコジツケ説明で同等レベルにとどまっている。
    1文が長く切れ目のわかりにくい例文が多いので、読解には大学受験レベルの英語力が必要。一般の人には(もちろん私も)難しく感じるところもあるだろう。
    “日本人の、英語の常識”を覆す指摘があり、気づかされるところもある。説明は不満だが、英語の文化が垣間見えるとも言える。批判しやすいが得るものがあるという点ではレポートを書きやすい題材かもしれない。

  • 日本人がよくやる英語のミスを著者がなぜそのようなミスが起こるかを日本人の性格や性質を含めて説明してる本

  • 再読。前に読んだときはマスターのときだった。英語も言葉なので当然変わっていくとは思うがこの著作の功績はとても大きいと思う。とりわけ英語に関心のある日本人にとっては。

  • 日本人の書く英語の間違いを、外国人の筆者の視点で文法的に解説。大学の先生なので論文添削の話がほとんど。

    出だしは面白かったけど、
    途中の可算名詞、不可算名詞の区別のところあたりで挫折しかけたが、なんとか我慢して全部読み切る。

    英語文法の話なので、少し読むのに注意力がいるが、
    きちんと読めば自分には得るものは少なくなかった。
    結論から言うと投げ出さなくてよかった。

    筆者はたくさんの添削をしてきているので、
    自分がよく理解していない英語のポイントが結構指摘されている。関係代名詞の使い方とか、前置詞の使い分けとか、
    そうそう、そこよくわかんなかったんだよね。というところが自然とカバーされてた感じ。

  • 英語で書くことがとにもかくにも苦手な私にとっては、耳に痛い話ばかりだった……。すべての章が心をえぐる……。おそらく私が今まで書いてきた英語の文章は目も当てられないほど幼稚だったんだろうなぁ……。

全302件中 1 - 10件を表示

日本人の英語 (岩波新書)のその他の作品

日本人の英語 (岩波新書) Kindle版 日本人の英語 (岩波新書) マーク・ピーターセン

マーク・ピーターセンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
安部 公房
遠藤 周作
マーク ピーター...
フランツ・カフカ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人の英語 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする